« MacBook (Black) が到着! | Main | カディスの赤い星 上・下 / 逢坂 剛著(講談社文庫) »

2006年12月19日

本当に4本の歯を一気に抜いた

曇り / 外気温0度
6時半起床。意思に反して6時半に目覚めてしまった。せっかくの休日だから朝寝をしていても良いのだが、目が覚めたのを機会に起床。今日はカローラが親知らず4本をいっぺんに抜く日。なんだかわたしが一番ソワソワしているような気がする。(汗)

ブリギッテは背中のマッサージをして貰う予約をしているので7時過ぎに出掛けた。カローラは8時半頃に起きてくる。今日は午後から一つ試験があるだけなので12時過ぎに出掛ければいいのだそうだ。ソッと表情を窺うが、普段とまったく変わらない。

その間を利用してわたしはまず銀行へ行き、わたしの貯金口座からわが家の口座へ MacBook の代金を振り込む。これでわたしの口座の残高は8€。(汗) そのあとクリスマスツリーに使うモミの木を買いに行く。わが家のと義母のと大小二本のモミの木を買ってその代金は(大=24€、小=13€)。樅の木も年々値上がりは避けられないようだ。

帰宅して、カローラと一緒に昼食をとったあと、彼女は学校へ。試験が終わったあと午後3時から親知らず抜去の予約が入っているそうだが、当人は至極、平然としたもの。ブリギッテもさすがに心配で、今日は午後3時で職場を早退してカローラに付き添うことになっている。こういう時に頼りになるのはやはり母親しかない。(笑)

午後3時半頃ブリギッテから電話があって、今治療が始まって、医者の話では45分くらいで終わると言うからその頃に車で迎えに来てくれとのこと。「え〜っ、4本の歯を抜くのに45分しか掛からないの?」とわたしは半信半疑。しかし、結果はまさしくそのとおりだった。ドイツの歯医者も捨てたもんじゃない。恐るべし。

帰宅してからもまだ麻酔が効いているせいもあるが痛みは無いらしい。アイスノンのようなものを患部にあてて冷やしているだけで、テレビを観ている。今日はそちらの方に気を取られていたせいか、散歩もせずに歩数は3000歩にも達しなかった。なんだか独り相撲を取っていたような気がする。