夕食はイタリアレストランで

土曜日・雨のち晴れ / 最高気温19度

7時半起床。週末ということでいつもよりゆったりとした一日だった。朝のうちは夜来の雨が残っていたのだが、夕方近くになって晴れてきた。折しも今夜はサッカーのヨーロッパ選手権大会でドイツがポルトガルと試合をするとあって、ミュンヘン市内はどこか浮き足だった感じ。

朝食はごく普通の時間にとって、ブリギッテは彼女のお母さんと定例の買い物に出かけた。その間わたしはメールチェックをしたりしていたのだが急に「蝶ネクタイの結び方」に気をとられた。

今夜はブリギッテの勤め先の主人夫婦に夕食に招かれていて、その時に何を着ていこうかと考えているうちに「蝶ネクタイ」を思いついた。わたしの持っている何本かの蝶ネクタイはすでに結ばれた物を買ったりプレゼントに貰ったりしていたのだが、2本ほどは自分で結ばなくてはならなかった。その結び方がまだ習得出来ていたなかったのだ。

インターネットで調べてみると結び方を示したサイトはいくつか見つかったが、いざ自分で試してみるとどうもうまくいかない。1時間ほど格闘していてどうにか結べるようにはなったが人前に出て行くにはまだちょっと練習が必要だ。

ブリギッテが買い物から戻ってきて昼食を一緒に食べたあとわたしはいつもの昼寝。夕方、6時45分頃に家を出てミュンヘン市内のイタリアレストランに向かった。この頃には明るい陽の光と青空が見えるまでに天候が回復していて、今夜の ドイツ対ポルトガル の試合をパブリック・ビューイングで見ようとする若い人たちで電車の中は混んでいた。Universität 駅で降りて地上に出てみると Leopoldstraße は歩行者天国になっている。これも今夜のサッカー試合のためなのだろう。

今夜招かれたレストランは Osterila Italiana というイタリア料理店。戦災にも会わなかったらしく創業120年だというが値段もけっこう高め。わたしは魚料理を注文したのだが、味の方はそれほど感心しなかった。

たまたま来店していた前のインテンダント Sir Peter に会うというハプニングもあって23時前に散会。帰宅は午前0時を過ぎていた。

2 thoughts on “夕食はイタリアレストランで

  1. たま~にですが、貴方のブログを見させていただいています。
    音楽関係は全く分らないのですが・・・。
    何故か他人と思えなくて。
    どこかで会ったような気がしてならないのです。
    古田先生と相撲をとった貴方。
    古田先生と柔道をした私。
    青春の多感な時期に、良き先生に出会って・・・。
    ハイ私は数学好きになりました。
    貴方は無事年金生活者になったそうで、おめでとうございます。
    実は無事に年金生活者になるというのは、大変なことなのです。
    私の多くの友が途中で脱落、あるいは消えて行きました。
    私は年金6年生。
    「名野アナログ回路研究所(従業員は私1名)」で技術コンサルタントという、技術職社員の教育の仕事を継続中です。
    なんと、細々ですが未だに仕事があります。
    時々大学などに依頼されて、ボランティア講義なども。
    来週は慶應大学へ行って、講義と学食見学してきます。
    学生が、どんなもの食べているのか興味あり。
    さて貴方はこれから自由の身・・・今までも自由でしょうか?
    それでは、もっと自由になりますね。
    新しいことに挑戦できますね。
    是非、挑戦してください。
    自由の身というのは、本当に良いものです。
    やりたいこと、学びたいこと何でも自由です。
    貴方の新しいブログも、楽しみにしています。
    いつまでもお元気で。

    • コメント、ありがとうございます。
      公式には5月から年金生活者なのですが、仕事の関係で8月1日から実質的な年金生活に入ります。なのでまだ実感が湧きません。
      同じ時代に同じ先生の教えを受けたということは心のどこかに連帯感があるのでしょう。それが同窓生ということですね。(^_^)

      8月から何をしようか、わたしは現在のところ全く白紙にしております。
      これまでの生活リズムがどのように変化するのかを見極めてからでも遅くはないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です