Nelson-Messe とサクランボ

日曜日・快晴 / 最高気温26度

6時起床。今朝は10時から St.Michael 教会で Festspiel-Gottesdienst で Nelson-Messe を歌うことになっていて、9時から音出しだったのでいつもより1時間早い起床。簡単な朝食をとって8時過ぎに家を出た。

9時から始まった音出しはなんとミサ曲を最初から最後までまるまる通すという、わたしには経験のないものになった。このへんのケント・ナガノ氏の感覚がわたしには不可解だ。それが終わったのはミサの始まる10時近く。結局、続けて同じ曲を2回演奏することになってしまった。

Joseph Haydn
Nelson-Messe Hob. XXII:11

In Zusammenarbeit mit der Erzdiözese München und Freising
 
Termin

Münchner Opernfestspiele 2012
Sonntag, 24. Juni 2012
St. Michael (Neuhauser Straße)

10.00 Uhr

Keine Eintrittskarten erforderlich
 

Bayerischen Staatsorchesters
Musikalische Leitung Kent Nagano

Sopran Anna Virovlansky
Alt Tara Erraugt
Tenor Kevin Conners
Bass Tareq Nazmi

Festspiel-Gottesdienst から2012年6月24日に引用

Nelson-Messe は曲そのものがけっこう長いから必然的にミサ全体も長いものとなってしまい、終わったときにはグッタリ。印象に残ったのはソプラノソロの Anna Virovlansky 。彼女だけはほとんど暗譜で歌っていて、透き通った良く通る声が宗教曲にはピッタリ。気持ちが良かった。

ミサが終わってから恒例の中庭での小パーティ。素晴らしい天気にも恵まれて快かった。今日はブリギッテと次女も聴きに来てくれていたので彼女たちも参加。午後1時近くに次女がバイロイトへ帰るので中央駅まで送っていった。

帰宅してから、ブリギッテもわたしも疲れていて同事に昼寝モード。目が覚めてから彼女は用事があって末娘のアパートへ出掛けて行き、わたしはウォーキングに出掛けた。7041歩・63分

家に戻ったときにはブリギッテも帰宅していたので、庭のサクランボの収穫をした。今年も例年と同じような量の収穫。わたしはサクランボを食べると喉が痒くなるというアレルギーがあるので食べられないから収穫していてもあまり楽しみがない。(^_^;)

夜は EM 2012 の準々決勝の最終組。最後まで点が入らずとうとう PK合戦にもつれ込みイタリアが勝利した。それまでの試合内容もイタリアが押していたからそれが報われたという意味でわたしにとっては順当に思えた。これでドイツの対戦相手はイタリアということになり木曜日の夜が楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です