ドイツ敗れる (EM 2012)

木曜日・晴れ / 最高気温27度

7時20分起床。久しぶりに夢も見ずにグッスリと眠れた。昨日はかなりの強行軍で昼寝も出来なかったからだろう。今日は朝から良い天気になったけれども湿度もけっこう高かったようで体力の消耗を感じた。

午前中は11時半から1時間のプローベに出れば良いだけだったから気が楽だった。同僚達はその前に Babylon のプローベがあった。終了してからすぐに帰宅して残りのカレーを昼食に食べてすぐにベッドへ。ここ数日 “Götterdämmerung” の舞台稽古で疲れていたので1時間のタイマーを掛けて昼寝。(いつもだと45分のタイマーを掛ける)

目が覚めてから4時過ぎに出掛けるまで台所の掃除をしたりコーヒーを飲んだり。朝は Max-Weber-Platz から歩いたのだが、午後は少し元気になったので Regerplatz から劇場まで約30分の距離を歩いた。

夕方のプローベは “Medea in Corinto” のオーケストラ付き舞台稽古。このオペラもしばらく上演していないような気がする。合唱の歌う場面が頭の中に浮かんでこなくてちょっと戸惑った。20時きっかりに終了して急いで帰宅。EM 2012 の準決勝 ドイツ 対 イタリアの試合開始に間に合った。

ドイツは最初の方こそ何度か得点のチャンスがあったけれど、そのあとはずっと押され気味。パス回しもイタリアの方が美しかった。終了間際に PK で1点を返したがそれまで。結局 2−1でイタリアの勝利

わたしはサッカー観賞の初心者だけれど、試合開始から後半戦の陣容(クローゼ、ミュラー、ロイス)で戦うのを観たかった。それと今夜のブレーキは指令塔役の Schweinsteiger だったと思う。彼のプレーにはまだためらいが感じられて好調時の思い切りの良さとキレがなかった。でも今日まで楽しませて貰ったからドイツチームには感謝。こういうものはやはり肩入れするチームがあった方が楽しい。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です