“Götterdämmerung” の3回目

今日は Festspiel で3回目の “Götterdämmerung” 。ストリーミング放送もするし、Oper für alle という企画で劇場前の広場に大きなスクリーンを設置して同時中継で見ることが出来た。しかし、あいにくのお天気で雨が降ったり止んだりの悪コンディション。それが残念だった。

今日の配役はハーゲン役が Premiere の時に歌った Eric Halfvarson に戻った。彼個人の出来としては先回の方が良かったと思う。その他のソリスト陣は相変わらず堅実。ジークフリートの Stephen Gould とブリュンヒルデの Nina Stemme の二人は最後まで調子が落ちずに立派に歌い通して脱帽である。今夜のカーテンコールはオーケストラに対してのものが一番大きかった。

Besetzung

Musikalische Leitung: Kent Nagano
Inszenierung: Andreas Kriegenburg
Bühne: Harald B. Thor
Kostüme: Andrea Schraad
Licht: Stefan Bolliger
Choreographie: Zenta Haerter
Dramaturgie: Marion Tiedtke
Olaf A. Schmitt.
Chor: Sören Eckhoff

Siegfried: Stephen Gould
Gunther: Iain Paterson
Hagen: Eric Halfvarson
Alberich: Wolfgang Koch
Brünnhilde: Nina Stemme
Gutrune: Anna Gabler
Waltraute: Michaela Schuster
Woglinde: Eri Nakamura
Wellgunde: Angela Brower
Floßhilde: Okka von der Damerau
1. Norn: Jill Grove
2. Norn: Jamie Barton
3. Norn: Irmgard Vilsmaier

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です