ミュンヘン→トスカーナ

月曜日・雨→曇り / 最高気温20度(トスカーナ)

7時起床。今日はトスカーナへ出発する日。9時に車で迎えに来てくれる人がいたので起きてからちょっと慌ただしかった。おまけに朝からシトシトと音のするほど雨の降るミュンヘンだったから、なんだか気が滅入った。

今回のトスカーナ行きはこれまで何回か訪れた別荘の庭にあるオリーブの収穫である。毎年ブリギッテの勤めるお店の社員たちがやっているだが、今回は定年になって秋に時間の取れるわたしたち夫婦に順番が回ってきた。実ったオリーブの実を落として、すぐにオリーブ油にするという言ってみればお祭りである。

わたしはやったことがないので、重労働だと役に立たないと思い、お昼ご飯を作る役に回った。用意した4日間の昼食メニューは次の通り。

1.カレーライス
2.スパゲッティ・ボロネーズ
3.親子丼
4.春雨と椎茸の煮物

ということで、今回は電気釜持参。そしてイタリアでは買えないような調味料(日本酒、みりん、醤油、ごま油)なども持っていくことにした。(笑)

ミュンヘンを出発する9時過ぎには雨も止んだのだが、オーストリア、イタリアを走っている間は雨が降り続いていた。ようやくトスカーナの近く、マントヴァ、ヴェローナ、のあたりまで来たときにかすかに青空が見えてきた。わたしは車の中では殆ど寝入っていたので、ブレンナー峠をいつ越えたのかも知らなかった。車の振動に揺られて眠るというのは最高に気持ちがよい。

トスカーナの別荘にはまだ明るい5時半頃に到着。別荘の主人夫婦も1時間ほど遅れて旅先のローマから到着。それぞれに一休みして、8時に Castelnuovo Berardenga にあるレストランで食事。別荘に戻ってきたのは22時半頃。明日は朝8時起きで、朝食を済ませたあと、オリーブの実の収穫がはじまる。どんなものなのか興味は尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です