トスカーナ・4日目

木曜日・快晴 / 最高気温15度

7時半起床。今朝は別荘の主人と彼の義妹、そしてわたしの3人で Castelnuovo Berardenga までウォーキングする約束をしていた。ブリギッテと夫人は庭仕事をするというので残る。午前9時頃に別荘を出て糸杉の並木道とかワイン畑の側の道を選んで1時間ほど歩き Castelnuovo Berardenga に到着。木曜日は市場の立つ日で、食料品や衣類、生活用品などを売る屋台のお店が並んでいた。こういうのはいつだって楽しい。

一通り眺めてから中心にあるカフェでカプチーノと Krapfen を食べ、朝食代わりとする。歩いたあとだったから甘いものがとてもおいしく感じた。そしてイタリアで飲むコーヒーはどうしてこんなにおいしいと思うのだろう。カフェから別荘に電話して車で迎えに来て貰う。夫人も野菜やチーズを買う予定だったらしく、そのあと少し買い物をしてからみんなで別荘に戻った。

別荘に戻ってからブリギッテと夫人は庭仕事の続きを始めたので、わたしも1時間ほど手伝った。久しぶりの肉体労働である。(笑) そのあと太陽の光が降り注ぐテラスで昼食。生野菜にツナを入れたサラダ、パン、昨日絞ってきたオリーブオイル。チーズ、それにデザートの甘いお菓子、という献立。どれもこれもがおいしい。

食事のあと1時間ほど休憩して、4時頃にシエーナに向けて出発。今夜はシエーナのレストランに予約が取ってあるのだそうだ。わたしはもうひとりの男性と少し早めに出発して彼のお薦めのグラッパを買うことにした。 Castelnuovo Berardenga の町の入り口にあるワイン製造所 Chianti, Sangiovese – Vino Felsina に立ち寄り試飲をして4本購入。そのあとみんなと合流して一路シエーナへ。

まずはシエーナの街をブラブラと歩く。わたしを含めた全員がもう何度も来ているので観光客が見るべきところは全て経験済み。ただ、先回来たときはドームが修復中だったので、工事が完了した状態を見るためにドームの前まで行ってみた。

そのあとは傾斜の付いた広場を囲むカフェに座って食前酒を飲みながらレストランに予約した時間までを過ごす。夏の混雑とはだいぶ違った落ち着いた雰囲気で、ちょっと寒かったけれどわたしは白ワインの冷えたものをチビリチビリとやった。

ようやく予約時間が来たので別荘の主人夫妻の推奨するレストラン Osteria le Logge へ。ここは広場からちょっと入ったところにある店で天井の高い落ち着いた感じの店だった。わたしは前菜に「鶏のレバーペースト」次に「シエーナ特産のハムとネギのスパゲッティ」メインデッシュは「牛ステーキの薄切り、茸添え」、最後にグラッパとエスプレッソで締めた。どれもがけっこう濃厚な味でおいしかったが「鶏のレバーペースト」が趣向をこらしてあり料理としては一番バランスが取れていた。

これだけの量を食べたのは久しぶりだったが、気持ちの良い満腹感でまた30分ほど車で走って帰宅。素晴らしい天気に恵まれ、適当に身体を動かし、おいしい食事を楽しんだ一日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です