友人夫妻と再会

火曜日・快晴 / 最高気温11度

7時起床。今日の東京もスカッと晴れ上がった素晴らしい1日だった。9時半過ぎまで部屋でゆっくりしていて、それから外へ出た。昨夜、東京に住む友人夫妻と食事をしたあたりはかなりの賑わいだったが、暗かったのでその様子がよくわからなかった。確か 「100円ショップ」 があったはずで実はそこがお目当て。ドイツへのお土産に何か無いかなと思って入ってみたのだが、品揃えは余り良くなかった。

ホテルへの帰り道で atré の中の「ユニクロ」に立ち寄り、頼まれていたもの3点を購入して部屋へ戻る。それから試しに荷造りをしてみた。どうやら今回は余裕で重量制限をクリアーしそうな気がする。だが油断してまた何か買ったりするとオーバーするかもしれない。(^_^;) 午後1時少し前にホテルを出て羽田空港へと向かった。

青森県に住むわたしの友人夫婦が台湾で1週間の旅を終えて今日帰国するのだが,彼たちは羽田で乗り換えのために3時間ほど待ち時間があるからそこで会おうという約束をしていた。彼とはもう35年来の付き合いである。わたしもこういうときのアポイントメントが下手だが,彼はわたしに輪をかけておおざっぱな人間。羽田空港は WiFi が無料で使えるから SKYPE 電話を使ってお互いの居場所を確認すれば良いと約束したのだ。あとから考えれば彼も自分の乗る航空会社と便名、それにターミナルぐらい知らせてくれれば良かったものをわたしはそれすら知らなかったのだ。訊かなかったわたしも迂闊だった。(汗)

まずわたしが着いたのは国内線の出発ロビー。そこの搭乗口まで行ってみたがそこに友人の姿はない。そこで、もしかすると国際線ターミナルを出たところで待っているのではないかと思いシャトルバスで国際線ターミナルへ向かった。着いてすぐに SKYPE を立ち上げようと思ったのだが WiFi に繋がらない。案内係の女性に訊いたら、まず羽田・フリースポットというアカウントにブラウザーを使って登録しなくてはならないことが分かった。やっと繋がったかと思ったら今度は通話がブツブツ切れて会話にならない。それでもなんとか聴き取ることが出来て彼は既に国内線第1ターミナルで荷物を預けたことが分かった。またシャトルバスに乗って逆戻りである。やっとの事で彼に会うことが出来たのだが会話がブツブツ切れたのはどうやら彼のスマートホンの電池が切れそうになっていたためと分かる。まったくわれわれ二人はなにをやってるんだか。(笑)

空港内の喫茶店でコーヒーを飲みながら1年半ぶりにいろいろな話に花が咲いた。彼たちは4時過ぎに搭乗口を入っていって、わたしはそこから京浜急行に乗り大森へ。大森駅前にBook Offがあるのは先回来た時に知った。そこで文庫本を6冊購入してホテルに戻る。日が沈んでからは少し風が出てきたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です