台所が9分通り完成

木曜日・曇りときどき雪 / 最高気温マイナス2度

7時起床。いよいよ今日は台所を設置する職人が来てくれる。目が覚めてからも、昨日搬入された部材の中に足りないものがあるのではないかとか、細かいことが気に掛かっていた。朝食を終わってしばらくしたら2人の若い職人さんが来た。この2人で大丈夫なんだろうかと少し心配になる。

彼たちが作業を始めてからわたしはいつもの台所でカレーを作り始める。ブリギッテも今日は休暇を取ったけれど、職人さんたちへの応対などで料理を作っている時間はないだろうと思ったのだ。お昼にはサンドイッチを出すことにして彼女はその他の食料品も買いに行った。

午後になると作業員はもう2人加わって4人での作業になった。ここからの彼たちのスピードが凄かった。それまで無駄口を叩いていた若い職人さんたちも途端に口数が少なくなりどんどんと作業が進んでいく。是が非でも今日の夕方までに台所を完成させるつもりだ。

彼たちの目論見通りに夕方5時前には全ての作業を終了し彼たちは帰っていった。しかし台所はまだ完全に完成したわけではない。

明日また違う作業員が来て、組み立てられた台所の上に乗せる作業台と壁の寸法を測っていく。今日つけられた白い作業台は仮りのもので、われわれが注文したのはグレーのコンクリートに似せた板である。

調理器具の後ろとかシンクの後ろの壁は水や油が撥ねるので曇りガラスの壁にして貰うように注文してある。加えてコンセントの穴開けの位置などもあるのでその寸法を測りに来るわけだ。これが届いて初めて完成ということになる。

作業員たちが帰った後、わたしとブリギッテは床の汚れを掃除し、収納棚と冷蔵庫の保護フィルムをはぎ取りに掛かった。それが終わって台所全体を眺めると満足感が湧き上がってくる。(^_^)

これからまたいろいろと不備な点、不満な面が出てくるだろうが、これでなんとかスタートできそうだ。写真を数枚写してみたが既に外は暗くてうまく撮れなかった。明日は日中の自然光で再挑戦してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です