妻の誕生日

日曜日・晴れのち曇り / 最高気温11度

7時半起床。今日はブリギッテの誕生日。今年はいまだにリフォームの最中なので例年のようなゆったりとしたものとはいかなかった。義母も肺炎のリハビリ中、コーブルクにいる長女は先週から風邪で仕事も休んでいる状態なので来ることが出来なかった。

けっきょく次女と彼、末娘と旦那の4人がゲスト。朝食は6人でリフォーム以来初めてわれわれの本来の住まいで食卓を囲んだ。残念ながらまだ片付いていないので食卓の横にはダンボールが積み上がった状態。それでも新しい台所を眺めながら外から入ってくる豊かな光量の中で和やかに食べた。そのあとでプレゼントの開封。

朝食の時にプロセッコを飲んだので少し眠気が差してきた。腹ごなしにと全員で森への散歩に出掛けることにした。わたしにとっても久しぶりの散歩である。

IMG_2394

IMG_2393帰宅してから末娘が焼いてくれたケーキを囲んでお茶の時間。ブリギッテにはアルコールと林檎の入った Apfelweintorte を、わたしにはチーズケーキ(Gedeckter Käsekuchen) をプレゼントしてくれた。 Apfelweintorte は林檎の酸っぱさとアルコール、そしてクリームの甘さが複雑に絡まり合って不思議な味でおいしい。(^_^) チーズケーキの方はいつもと違って表面が覆われていてその分ボリュームが感じられた。

IMG_2397夕方4時を過ぎた頃に親戚の女性がお祝いに訪れてしばらく歓談。次女と彼は明日の仕事もあるので夕食を共にせずに Prien に戻っていった。夕食は末娘夫妻とわれわれの4人。2月にわたしが料理教室で習ってきた魚料理を作る。これはワインとニンニクを使うせいか室内も魚臭くはならずに簡単なのでお客を招いたときに作ってみようかと思う。

4 thoughts on “妻の誕生日

  1. ブリギッテさんのお誕生日、おめでとうございます!
    でも、小林さんのお誕生日も今日ですよね?お二人1日違い、ということでしょうか。
    改めておめでとうございます!!ヽ(^o^)丿

    • ありがとうございます。はい、1日違いです。 彼女はせっかくの誕生日の嬉しさの余韻が味わえないと少々不満です。(笑)

  2. お誕生日おめでとうございます。リホーム最中のなかでのお祝いでしたね。でも、いろいろな形のお祝いがあってよいのですね。思い出の忘れられないお誕生日になると思います。「3月生まれ」という伊?仏?映画が昔ありましたが、3月生まれは、何か印象強いナニカがあるのかもしれません。お二人が元気で迎えられたこの日はとっても嬉しいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です