心落ち着かない1日

土曜日・曇りときどき小雨 / 最高気温4度

7時半起床。わたしが起きたときにはブリギッテは出掛けたあと。復活祭の前の食料品買い出しである。朝食に彼女が戻ってくるのを待つ間に,わたしは粗大ゴミ捨て場に車を走らせる。

これまで使っていた台所に残っていた食器類の中で使わないだろうもの、それと IH 調理器では使えない鍋、フライパンなどを集めておいた。それと使わなくなっていた椅子3脚を車に積んでおいた。

粗大ゴミ捨て場から戻ってしばらくするとブリギッテが帰宅。それからゆっくりと朝食。朝食のあとでわたしはどうも身体が怠く,軽い目まいがするのでベッドに入って一眠り。

1時間も眠らなかったと思うのだが、起きたときには気分もスッキリとしていた。ブリギッテと長女の姿が見えないのでどうしたのかなと思っていたら2人で下着を買いに行ったのだそうだ。

午後の遅い時間になってから今度は IKEA へと車を走らせる。これまで買おう買おうと思って時間が取れなかった,レースのカーテン地を購入して帰宅。さすがに土曜日の午後だから IKEA は混んでいた。

帰宅して各部屋に絵の額を吊る作業をする。壁の塗り替えの時には全て外さなくてはならなかった。これは2人でやらないと難しい。それが終わって台所に戻ってくると冷蔵庫に通電していないことに気がついた。

配電盤を見ると案の定、ブレーカーが下りている。良くあることだからとブレーカーを戻してみたが電気は相変わらず止まったまま。慌てて他のコンセントを試してみると,ある一面の壁についている4個のコンセントが死んでいることが分かった。そこで余っていたテーブルタップを総動員して通電しているコンセントから電気を引っ張ってくる。冷蔵庫が止まってしまったら冷凍庫に入っている食品が駄目になってしまうから。

このあとは電気屋に来て貰うしかないと思う。今回もまた「こういう事故は週末、祝日に起きる」というジンクスが証明された。なんだか今日も心落ち着かない1日となってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です