箱根へ

4月24日(水)・小雨ときどき曇り / 最高気温18度

6時起床。今朝はいつもより早く目が覚めて、そのまま起きてしまった。10時にチェックアウトするのでその前に荷造りをしなければならなかったから。そうは言ってもタップリと時間があったのでチェックアウトまでの時間をのんびりとメールを書いたり読んだりしていた。

8時半に昨日と同じく「すき屋」で朝食をとる。いろいろと迷った末にやはり焼き魚定食になった。(^_^;) この時間だと朝の出勤時間を外しているのか客はわたし1人。なんだか申し訳ないような気がする。「大戸屋」も悪くはないのだがご飯がちょっと軟らかくてそれだけが不満。

今日泊まる箱根の宿は15時チェックインということで,さて、それまでの時間をどうしようかと考えた。小雨が降っているので外を歩くのには適さない。こまごまとしたもので買いたいものがあったから有楽町のビックカメラへと向かった。この店なら時間をうまくつぶせそう。

買ったものは交換レンズの保護フィルターとUSBミニコードの二つだけ。あとは店内をかなり隅々まで見て回った。12時過ぎにそこを出て箱根湯本へと向かう。ここまでの天気も降ったり止んだり。箱根湯本に着いたときには運悪く小雨が降り出した。今夜泊まるホテルは駅から歩いても10分ほどなのでバスには乗らずに歩き出した。しかし道を一本間違えて「塔ノ沢」まで昇っていって初めてそれに気づき引き返す。おかげでホテルに着いたときにはブルゾンも帽子も靴もかなり濡れてしまった。

今回は姉夫婦、それに兄夫婦も来る予定になっていたのだが、義理の姉が家の階段で転び、尾てい骨を打って来られらなくなったらしい。そのかわりに息子 (わたしにとっては甥) が仕事が終わってから東京から駆けつけるとのことだった。しばらくホテルのロビーで歓談したあとそれぞれの部屋に入り、まずは大浴場の温泉に浸かりに行く。晴れていればここの大浴場の半分は露天風呂になっていて気持ちが良いはずだが,今日は雨が降っていたのでそうもいかなかった。残念。

夕食は甥が到着するのを待って19時半から始める。和・洋・中華の混ざった大規模なバイキング方式で昔ながらの温泉宿の夕食とは異なる。どちらが良いのかはそのときの気分にもよるような気がする。わたしは量はあまり食べなくなったのでもっと簡単なものでも良いかなと思う。

21時に食堂を引き上げたあと兄の部屋に集まり5人で酒盛り。わたしはすでに充分飲んで食べていたので350mlの缶ビールを一本空けるのがやっとだった。23時半過ぎにお開きということにして、わたしはもう一度風呂に入り就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です