飽食の1日

4月27日(土)・晴れ / 最高気温21度

7時半起床。5時頃に1度目を覚ましてそのあとまた寝入ってしまった。カーテンを開けるとまばゆいほどの光。さて、今日は何をしようかと考える。特にしなければならないこともない。ドイツに持って帰るものを考えているのだが何を買っていったら良いのやら頭に浮かばない。ブリギッテにメールを出して訊ねても,特に無いという。

IMG_5126午前中は大井町駅付近の散策をすることにした。日本に戻ってくるとこのホテルが定宿になっているのにこの辺の地理にはほとんど知識がない。カメラを持ってブラブラと出掛けてみた。まあ、これといって面白い街でもなく午前中の明るい光の中で見ても少々猥雑な感じがする。これが夜だったらまた違った雰囲気になるのだろうか。途中の交差点で年配のご婦人が信号待ちをしていてその和服姿が美しかったので後ろから撮らせて貰った。これってちょっとグレーゾーンの行為かな。(^_^;)

友人から先日教えて貰ったトンカツのおいしい店で昼食を取ることを思いついて電車に乗る。教えて貰ったのは次の3軒。ドイツにいるときから今度帰国したときには分厚いが内部まで柔らかくジューシーなトンカツを食べたいと思っていた。(笑)

丸五 まるご – 秋葉原/とんかつ [食べログ]

ぽん多本家 ぽんたほんけ – 御徒町/洋食 [食べログ]

とんかつ いもや 二丁目店 – 神保町/とんかつ [食べログ]
 
IMG_5131土地勘のある街でホテルから近いということでまずは秋葉原の丸五で食べることにした。お昼時を少し過ぎてはいたが小さな店は満員。「特上ヒレカツ」を注文。たぶん低温でじっくりと揚げているからだろう、おいしそうなトンカツがわたしの目の前に出てくるまでには10分ほど待たなくてはならなかった。そしてそのおいしさと柔らかさは評判通り。今回は油分のほとんど見られないヒレカツそれも特ヒレカツだったから、スイスイとお腹の中に消えていき、この2倍の大きさでも軽くいけるのではないかと思った。(^_^) 大満足してホテルに戻る。

朝から出歩いていたのと気温もけっこう高かったから部屋に入ると眠気が差してきた。ベッドに入り1時間ほど眠る。夕方は上野の鈴本演芸場に落語を聴きに行く心づもりだったのだが、喉に痒みを感じて少し風邪の兆候が見え隠れするので大事を取ってそれは中止にする。この時期は風邪なんだか花粉症なんだか判断のつかない症状になることが良くある。夕方に大浴場に行って1時間ほど湯に浸かっていたらその症状も消えた。

夕食は残り少ない日本滞在を心おきなくと、暗くなってから駅を挟んだ向こう側に立ち並ぶ飲み屋街に足を運ぶ。まずは満員の立ち飲み屋にて煮込みとポテトサラダをつまみに生ビールを一杯。ここは本当に立って飲む店でなんだかとても懐かしい。禁煙ではないのでたばこの煙だけがちょっと嫌だった。次に数軒先の回転寿司屋で6皿ほどつまみ、最後は中華そば(ラーメンではない)で締めた。これだけ食べるとさすがに満腹。今回は帰国したときに数人から「痩せたんじゃない?」と言われたので少し太ってドイツに戻ろうと思う。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です