Akademiekonzert を聴いた

今回の Akademiekonzert はこれまでGMDだったケント・ナガノ氏の最後のオーケストラコンサート。彼も気合いが入っているのか、てんこ盛りのプログラム。しかし、ちょっと多すぎる。休憩のあとの Alban Berg 作品はカットしても良かったのではないか。

最初のマーラーは弱音の部分が美しくて楽しめた。次の中国人女性作曲家による作品は統一感が感じられなくて集中して聴くのに努力が必要だった。曲が終わった途端にわたしの隣に座っていた中国人女性が席を立って会場から出て行ったのでどうしたのかと思ったら、彼女が作曲者だった。

休憩のあともわたしの隣に座って聴いていたから、会場の聴衆の中にはわたしを彼女の夫だと思った人もいたかもしれない。わたしはことさら関係ありませんよという態度で通した。(笑)

休憩後のプログラムについて言えばベートーベンの曲だけをじっくり演奏して欲しかった。終演時間を考慮したということはないだろうが、ベートーベンの8番がやけにセカセカと慌ただしくて音楽の上澄みだけを味わっているような物足りなさを感じた。

6. AKADEMIEKONZERT 2012/13

Gustav Mahler
Adagio aus der Symphonie Nr. 10

Unsuk Chin
Konzert für Violoncello und Orchester
Uraufführung der Neufassung

Alban Berg
Orchesterstücke op. 6

Ludwig van Beethoven
Symphonie Nr. 8 F-Dur op. 93

Termin

Montag, 10. Juni 2013
Nationaltheater

20.00 Uhr
19.15 Uhr: Konzerteinführung

Preise E: 53 / 46 / 40 / 30 / 22 / 15 / 8 / 5
Freier Verkauf und Serie 41
Besondere Ermäßigung für das Programm Junges Publikum
Preise E € 53 / 46 / – / – / – / – / – / 5
k-a-r-t-e-n

Besetzung

Musikalische Leitung Kent Nagano

Violoncello Alban Gerhardt

Bayerisches Staatsorchester

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です