早くもミュンヘンの気候に慣れてきた

7月4日(木)・曇りときどき晴れ/最高気温23度

7時半起床。朝から曇り空だったがときおりスカッと明るい太陽が照りつける、そんな一日だった。

今日は午後から歯医者の予約が入っていて、そのあと英語コースがあった。歯医者に行かなくてはならないかと思うと午前中もどこか気分が晴れない。特別なことをしたわけでも無いのに時間だけが過ぎていった。

われわれが留守をしている間に庭の垣根の中に Amsel(クロウタドリ)が巣を作って母鳥が卵を温めているのを見つけた。うまく孵化してくれるといいのだが。そっと写真に撮ってみた

IMG 6282

午後1時半頃に家を出て歯医者へ。空には黒い雲も出ているのだが雨が降るわけでも無かった。治療の方は予想外にまったく痛くなくて拍子抜けしてしまった。トルコで過ごした2週間の間はまったく正常だったので治療のしようが無いのかもしれない。

20分くらいで治療が済んだあとは Il Trovatore の Premiere を聴いてきたが Jonas Kaufmann のあたかもバリトンのような声質が役に合っていたとか、昨日のローエングリンで Vogt がクレジットされていたのだがキャンセルして代役に立ったのがなんと Jonas Kaufmann だったからお客が喜んだとか、そんな世間話をして帰ってきた。

そんなわけで時間的にちょっときびしいと思っていた英語コースへは全くの余裕で参加することが出来た。わたしは2回休んだことになるのだが、わたしの不在の間に教材が市販の SPOTLIGHT という雑誌に変更になっていた。この中の面白そうな記事を読んで訳していくのだが現在の事象を扱っているのでなかなか面白い。

帰路、オーディオ店に立ち寄り目を付けていたメインアンプ QUAD 606 がまだ売れていないのを確認してきた。帰宅してすぐにオーディオ装置に灯を入れていろいろ試してみたがやはり今使っているメインアンプの故障のような気がする。明日にも QUAD 606 を購入してこようと思う。

夜はブリギッテが昨夜見たテレビ番組が面白かったので、インターネット経由で再放送を見ろと勧められた。典型的なバイエルン地方の喜劇に仕上がっていたが彼女が言うほど面白くはなかった。わたしに勧めておいて彼女は隣に座って寝入っていた。この光景の方が喜劇ではないかと思う。(笑)

2 thoughts on “早くもミュンヘンの気候に慣れてきた

  1. よい写真が撮れましたね。めったにこのようなチャンスはないですね。
    当地も小鳥のさえずりはこの時期とても賑やかです。梅雨に濡れた梢を渡って遊ぶ小鳥、サクランボやグミ、が実ってうれしい季節なのでしょう。

    • 今日見てみたら巣は空っぽでした。なにか事故があったのかもしれないです。自然は時に残酷ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です