体感温度は「夏日」

7月9日(火)・晴れ/最高気温25度

6時起床。今朝は3個のケーキをブリギッテの職場まで運ぶので早起きした。8時少し前に家を出たのだが、思ったほど道路は混んでいなかった。トランクルームに入れたケーキがずれるのではないかとブレーキを踏む度に神経を使った。

いちど家に戻って30分ほど休んでから今度は中央駅まで義母を乗せていった。義父母は普段は離れて暮らしているのだが(別居とも言う)お互いの誕生日とか結婚記念日とかには旅行を計画して会うようにしている。

彼たちがそういう生活形態にしたのは義父が定年退職してからだった。わたし自身が昨年定年退職して1日の殆どが在宅という状態になってみると、彼たちの決断は利口な解決策ではないかと思うときがある。もちろんそれを実現させるには経済的な裏付けがなくてはならないけれど。

現在のわたしの場合、ブリギッテは少なくともあと3年は現役で働くことになるから、日中はわたし1人の生活である。正直に言えばこれはとても楽しい。しかしこれが3年、もしくは5年後には2人で顔をつきあわせて24時間、毎日暮らすことになる。そんな時間の過ごし方をしたのは知り合って結婚し、最初の子供が生まれるまでの3年ほどでしかない。ここに至って、なるほど定年後の離婚が多いというのは頷ける気がしてきた。(笑)

そんなことを考えながら帰宅。今日は家の中の片付けと、ウォーキング、そして英語コースの予習をする予定だった。コーヒーを飲みながら途中で買ってきた菓子パンを食べたら急に眠くなってきた。いつもより早い起床のせいだろう。

目が覚めてから下の部屋の片隅にまだ置きっぱなしだったダンボール箱を寝室に移動する。明晩はブリギッテの級友夫妻が下の部屋に一晩宿泊する予定なのでダンボールは良くない。(笑) ついでにステレオ装置の機器の場所替えなどをした。

夕方5時近くになってウォーキングに出掛ける。すでに日中の強烈な暑さはなくなっていたが、それでもしっかり汗をかいて帰宅。10724歩・91分

帰宅後、庭の花々に水をやってテラスで Weißbier を楽しむ。ブリギッテは今夜はイタリア語コースで21時半過ぎの帰宅。彼女はトルコ旅行のあとダイエット中で夕飯は作らなくても良くなったのでゆったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です