本物の夏日だ

7月21日(日)・快晴/最高気温28度

7時起床。今日も暑い日となるということは昨日の天気予報で知っていた。10時から義母を朝食に招いたということをブリギッテから聞いていたのでその前にウォーキングを済ませるべく、ひげも剃らず、シャワーも浴びずに起き抜けで8時過ぎに家を出る。

かなり早い時間だと思っていたが、日曜日なのでジョッガーとかサイクリングをする人に多く出会った。11031歩・93分を歩いて帰宅。シャワーを浴びている間に義母が到着してそのあとテラスでの気持ちの良い朝食。

朝食のあと庭の水まきをする。そのあと眠気が差してきたが昼寝をするにはまだ早いし勿体ないのでアイロン掛けをすることにする。それほど量は多くなかったから眠気覚ましにはピッタリだった。

午後からブリギッテは税金申告の書類作りを始めた。わたしはその間、半地下の涼しい部屋で小学校・中学校時代の卒業アルバムをじっくり見始める。名前と写真を照らし合わせながら遠い記憶を探ってみたがけっこう憶えているものだと自分でも驚いた。こういう卒業アルバムというのも今となってみるともの凄く貴重だと思う。

夕方日が沈む頃にもう一度庭の水まきを始めた。朝よりはかなり念入りに草花に水をやる。

夕食は仔牛の肉をオーブンで焼いたものに茹でジャガイモを添えて、サラダは赤カブの薄切りをそれほど酸っぱくないイタリア産の酢で絡めた。

20時過ぎ頃からテラスでテレビドラマを見始め、22時過ぎに終了。外はもうすっかり暗くなっているが数日前ほどに寒くは感じない。やっと本格的な夏が来たようだ。この天候が出来るだけ長く続きますように。

2 thoughts on “本物の夏日だ

  1. 卒業アルバムをしっかり見る・・・ということ、この年齢になって、しっかり見ることに意味があるというか、価値があるのですね。終活とか断捨離とかで、アルバム・写真の整理が気になってました・・・・実際の卒業時に、そして人生の活躍期に感慨深く見ることはそう多く、ありませんでしたが、今、このような想いで見ることができるのは豊かな幸せな証ですね。

    • 写真って写しておくべきだなぁと思いました。卒業アルバムなんて、と思っていましたが今はこれを作ってくれた学校、教師に感謝です。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です