旧同僚を招いて食事会

10月13日(日)・快晴/最高気温13度

8時半起床。昨夜はベッドに入ったのが午前1時40分を過ぎていたから眼が覚めてもなんだか寝たりない気分。頭も身体もスッキリというわけには行かない。ブリギッテの風邪もそれほど良くなっているようには見えない。しかし午後から彼女は体調を持ち直した。

今日まで義父が滞在しているので今日のブランチは4人で。彼は92歳という年齢とは思えないほどよく食べる。96歳で亡くなったわたしの恩師もその食欲は見事なもので皆から感嘆の眼で見られていたから、健啖ということは長寿の必要条件なのかもしれない。

11時過ぎにいったん義父母を家まで送っていってそのあと住まいの掃除をする。今夜はわたしの旧同僚達を招いて夕食会をするのでその準備である。ブリギッテは今夜供する料理の準備で忙しい。

14時過ぎの列車で北ドイツの自宅へ戻る義父をブリギッテが車で中央駅まで送っていった。その間、わたしは1時間の昼寝。これで体調を取り戻す。

ブリギッテが戻ってから今夜の準備のための手順を考えてなんとか行けそうなので、折りから素晴らしい天気になったテラスで日光浴。午後4時頃から本腰を入れて夕食会の準備に入った。

一段落がついた頃にブリギッテがテーブルセッティングのアイデアを思いついたと外出。しばらく戻ってこなかったが落ち葉や栗など秋を象徴する材料を集めてきた。それらをテーブルの真ん中にあしらったのが下の写真。秋、たけなわといった感じ。

IMG 3109

招いたのはわたしの旧同僚達3組でそれから午前0時過ぎまではブリギッテの作ったコース料理と楽しい会話で大いに楽しんだ。本当は今日も逐一写真を撮りたかったのだが、ホストとしては料理を運んだり、飲み物のお世話をしたりでそんなことをしている余裕がなかった。かろうじて客の来る前にセットした前菜の写真が下のもの。

IMG 3116

ブリギッテの風邪も客が訪れる少し前からスッと良くなって宴が終わる頃にはすっかり普通通りになっていた。本当にお客が好きな人だと思う。(^_^)

4 thoughts on “旧同僚を招いて食事会

  1. >テーブルセッティングのアイデアを

    これは素敵ですね。
    参考にさせて頂きます。
    お客好きとは言っても、正にそれだからこそ新たなアイデアを思いつくのは大変なことですから。

    昔の同僚が集まってくれるのは嬉しいですね。

    • 秋らしさが一杯で食事の間も楽しめました。(^_^)
      仲の良かった同僚達とはいつまでもコンタクトを保っていたいです。

  2. 素敵な演出!秋を味覚だけではなく、視覚から・・・お食事に招待した時ホストは忙しく写真を撮るのもままならぬものでしょう。
    写真に撮れなくても想像して愉しみますから、日本の(ドイツもあるかも)一寸構えたストランのように、「お品書き・’(先附・○○・お造り○○・煮物・焼き物・・・・)と」ブログに書いてくださると、うれしいですが・・・

    • 「お品書き」はブログの上で次回にはやってみます。
      食事に招く客たちは普段から付き合っている気心の知れた人たちなので「お品書き」をテーブルに用意するということはないんです。
      それほど大仰なものを作れるわけでもないですしね。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です