なにやら惜しい宝くじ

昨年の暮れに日本に滞在していたときに大井町駅前で「年末ジャンボ宝くじ」を買った。運試しと滞在を記念してという気持ちだったと記憶している。

年末年始の忙しさにそれを忘れていたのだが、昨日その記事を見てイソイソと買った宝くじを調べてみた。

買ったのはバラ券10枚入りのものだったが、結果は¥300が一枚当たっていただけ。しかしその中には「これは惜しいのではないか」と思える札があった。

IMG 3446

ちなみに当たりクジ番号は1等(5億円):23組130916番である。組こそ違え 130916番と 138916番 はなにやら近いような気がするのだけれどわたしの感覚がおかしいのかな? (笑)

3 thoughts on “なにやら惜しい宝くじ

  1. 近いです。正月早々チビったのでは(^_^;。
    統計学的には素晴らしい確率では無いでしょうか。

    以前記念にいただいたジャンボを持っていますよ。

    • 2014年の幸運はまだ使っていない、残っているという確実な手応えを感じています。(負け惜しみ?)(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です