危うく閉め出されるところだった

2月27日(木)・曇りときどき晴れ/最高気温9度

7時起床。どうやら天気は下り坂。今日の予定はなにも無いと思っていたらブリギッテが出がけに今夜は映画館に切符の予約を入れといたからと言う。わたしに断りも無しにと不機嫌になったがそれが あなたを抱きしめる日まで( Philomena ) と言うのでまあいいかと思い直す。

これは去年の暮れに映画評論家の町山智浩氏が解説したラジオ番組を聴いていて、観たいと思っていたものだった。この解説が youtube に上がっていたのでリンクを張っておく。

午前中から SoundTouch 20 の設定見直しを始めた。 iTunes.app から Airplay で音楽を飛ばすことが出来なくなっているのに気がついてあれやこれやといじくり回していた。

昨夜寝る前に MacOS と iTunes をそれぞれ10.9.2/11.1.5 へとアップデートしたのでそのせいで SoundTouch 20 との整合性が崩れたかと疑ってしまった。格闘していたがどうにも埒があかないので気分転換にウォーキングに出掛ける。

歩いているときとかベッドに入っているときに良い解決法が浮かぶことはたびたびある。帰宅したら SoundTouch 20 を工場出荷状態に戻してもう一度最初からやってみようと思った。10866歩・92分を歩いて帰宅。

帰宅して新鮮な気分になったところで、 SoundTouch 20 のソフトウエアをアンインストールして最初から設定し直した。最初にやってうまくいかなかった WiFi ネットワークでは設定出来ず Ethernet で SoundTouch 20 と MacBook Pro 15 を繋いで設定を完了。ここでハタと気がついた。

これまでわたしは iTunes.app を使って Airplay 機能を使うと思っていたのだが、 SoundTouch 20 は SoundTouch.app で iTunes ライブラリを制御しているのだった。わたしの間違った思い込みだったわけ。

ふと気がつくと時刻は18時20分。映画は19時開始だからと急いで支度をして家の扉を閉めた。しかし扉を閉めた瞬間に鍵を内側に差し込んだままだったことに気がついた。こういう時のために鍵を開ける職人が居るのだが、これに頼むとべらぼうな値段なのである。特に夜間に来て貰うと割増料金が掛かり200€は取られるに違いない。もう、映画を観る気分ではない。

映画館まで車で行き切符を買って待っていたブリギッテに事情を説明し、切符を返却して帰宅。ブリギッテの持っていた合い鍵を恐る恐る鍵穴に差し込んでみたら、幸運なことに内側から差し込んであった鍵が押されて引っ込み無事に扉が開いた。少しでも鍵を回してしまっていたらアウトだったところだ。フゥ〜。どっと疲れが出た。

4 thoughts on “危うく閉め出されるところだった

  1. 良かったですね。
    病気以前からキャパが落ちている気がしますので、約束事を含めて行動はシンプルにするようにしています。

    SoundTouch 20はセットアップ出来ましたか、音はいい感じでしょうか?

    • 昨日は時間が迫っていたのでつい焦ってやってしまいました。鍵が開いてホッとしました。

      SoundTouch 20 のセットアップは出来た・・・と思います。本文にも書きましたが操作は基本的に SoundTouch App で行うようです。 iTunes.app の左上に出てくる Airplay の選択項目に SoundTouch 20 が表示されないのはちょっと使い難いです。わかりにくいかもしれませんが、 iTunes に入れてある楽曲は iTunes.app で操作したいのです。音はボリュームを上げすぎなければ聴きやすい音ですね。ボリューム表示の半分以上にあげると低音が不自然にボンつきます。(^_^;) もう少し鳴らしこんでエージングしてみます。

  2. いやほんとに冷や汗出ますね。
    私のところは仏にはたいへん珍しく、内側から自動施錠されない扉ですので心配ないんですが。

    もちろんそういうケースを狙って普段から業者が郵便受けや入り口脇など緊急サービスの電話番号を配布したり貼り付けたりしてますが、この種の業者は大半が詐欺まがいと言われ、うっかり頼むと通常時間外なら良心的業者の2~3倍をふんだくられます。

    アパルトマン管理会社が紹介する出入り業者なら大体良心的ですが、時間外ならそれが不可能なら、ホテルに泊まったほうが安くつくと言われます。

    週末にオフィスが泥棒にやられドアが開かなくなったときは、どうしようもないので、電話帳で探した業者を頼みましたが、週末出張、扉開け、新錠販売取り付けで、実に20万円ふんだくられました。
    幸い保険屋は何も言わず、ほぼ100%払い戻してくれたんですが。

    • 数年前に隣家の扉が風で「バタン!」と閉まってしまい鍵屋を呼んで開けて貰ったのを見ています。
      「ドアに背を向けて作業を見ないで下さい」と言われて5秒もしないうちに解錠してしまいました。
      料金のべらぼうな高さと作業時間の異常な短さに腹が立つんです。人の弱みにつけ込む悪徳商法!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です