ベビーシッター

3月27日(木)・快晴/最高気温14度

7時半起床。6時に1度目が覚めて二度寝をしたら目が覚めたのは7時半。今日は朝から素晴らしい天気。しかし気のせいか花粉がまた舞っている感じがする。

ブリギッテが出掛けたあとは特にすることもなかったのだが、どうも体調がピリッとしない。本を読んでいても眼が疲れる。やはり花粉症なんだと思う。

しばらく振りにピアノの前に座って発声練習。血の巡りがよくなったのかこれで少し体調が上向きになったような気もする。

午後からは何とベビーシッターを頼まれていて出掛けた。ブリギッテの勤め先の若い同僚に4番目の子供が生まれたのだが、その新生児の健康状態に問題があるらしく母親も一緒に入院している。10歳を頭に3人の子供がいるので日中は誰か面倒を見る大人が必要。そこでリタイアして時間がタップリあるわたしが頼まれたというわけ。

わが家から車で40分ほどの距離にあるその家庭に今日は13時半に到着。家政婦さんが作っていったラザーニャをオーブンから出して10歳と8歳の娘2人に食べさせる。3時に10歳の娘と一緒に歩いて10分ほどの距離にある幼稚園に6歳の男児を迎えに行く。

午後は子供達がボードゲームをやっている間だけはわたしも本を読むことができたが、その他は彼女たちのお相手。3人とも素直に育っていてあまり手が掛からない。一番下の男の子は娘3人を持つわたしには新鮮だった。わたしも男の子が1人欲しかったなぁと思う。(^_^)

父親であるブリギッテの同僚が7時前に帰宅したので、簡単な引き継ぎと報告をしてわたしは引き上げてきた。次は来週の火曜日にまた頼まれている。

4 thoughts on “ベビーシッター

  1. 新鮮な体験談・・・退職して、時間の余裕のある人(男女にかかわらず)時間的に余裕がなく待ったなしの緊急時に、このような助っ人はどんなに助けられるおもいでしょう。
    良い時間を持たれましたね。子どもたちとの時間をこんな風に持てること「喜ばれて」そして「喜んで」なんかブログを読んでさわやかな気持ちになりました。

    • 自分の3人の娘を育てて小さな女の子の生態には慣れがあったけれど、6歳の男の子は新鮮だった。(^_^)
      姉2人に較べるとちょっとボンヤリしたところのある男の子で、わたし自身もこんなだったかなぁと思い出していました。

  2. どうもお疲れさまでした。私も幼児のお相手の機会が増えましたが我がままなのと上手く渡り合うのは苦労が多いです。可愛いのは判っているのですが投げ出したくなる事もありますよ…。

Slow Café へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です