雨読

4月27日(日)・雨/最高気温10度

7時半起床。ベッドの中でも雨音が聞き取れるほどの強い雨が降っていた。きっと夜中から降り始めたのだろう。昨夜は食事会があったにしては普通の時間に就寝できたのだが、なんだかスッキリした眠りではなかった。

例によって10時から義母をまじえてのブランチ。ブリギッテが今日は税金申告書類の仕事をしたいというので12時前にお開きとし、わたしが義母を送っていった。

午後1時過ぎから昼寝をする。タイマーを掛けずに眠ったのだが1時間を少し過ぎた時間に目が覚めた。外は相変わらずの雨。

ブリギッテがわたしの MacBook Pro 15 を使って税金書類を作っているのでわたしは iPad mini Retina にダウンロードしておいた電子書籍を読んでいた。「柚子は九年でー随筆集」(葉室 麟著)である。どのエッセイもしっとりと落ち着いたトーンで今日のような雨に閉じ込められた日に読むのには適している。

ディスプレ上の文字を読み進めるのに疲れて、ときおり部屋のガラス窓を通して見る樹木はタップリと水分を含み、初夏にしては深い重量感のある緑色が目を楽しませてくれる。

ブリギッテの作業が終わった4時半頃から昨夜の残り物で酒を飲み始めた。そのあとに続く夕食も昨日と同じラム肉料理。

そのあとは再び iPad mini Retina に戻って電子書籍を読み進め、今夜は早めの就寝。

雨読」への2件のフィードバック

  1. こちらも最高の季節となりましたが相変わらずの『晴耕』です。東京も明日辺りから雨の日がしばらく続くようですがもっぱら退屈な仕事です(^`^…♡

    • 適当な間隔で恵みの雨が来るといいですね。こちらは今週一杯こんな日が続くようです。
      さすがに今回の雨で花粉症も終わると思うとそれは有り難いです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です