休暇11日目

6月25日(水)・快晴/最高気温31度

7時半起床。昨夜は蚊の攻撃にさらされてよく眠れなかった。加えてモバイルWiFiルーターの件がしこりとなっていたからかもしれない。4時半頃に1度目が覚めてからそのあとなかなか寝付けなかった。

朝食を終わったあとも首のまわりの凝りが気になって気分は最悪である。隣家のおばあさんがマニキュア・ペデキュアの出張を頼んでいたのを聞いてブリギッテはそれに便乗してやって貰うことにした。ミュンヘンでするよりも格段に安いのだそうだ。マニキュアとペデキュアをして貰って60TL(約⒇€) ということだった。

彼女のマニキュアが終わるまでわたしはベッドに入って眠ろうと努めたのだが、なかなか眠気が襲ってこない。マニキュアが終わったのは12時を過ぎていて、それからチェシュメに車で向かった。今日がミュンヘンへのお土産を買う最後の機会なのだ。

まずは気がかりだったモバイルWiFiルーターの件で、購入した店に行ってみる。幸いなことに今日はそれに詳しい店員さんがいてテキパキと処理してくれたので問題はすぐに片付いた。最初にモバイルWiFiルーターを買ったときに同時に買わされた2枚のプリペイドSIMカードはまったく必要がなかったのだ。

購入したときにインストールしたSIMカードの容量を使い切ったら、店にいって同じSIMカードに希望の容量を購入し、アクティベートして貰えばそれでよいのだった。そのためにいちいち店に行くのはちょっと面倒だがプリペイドカードということでそれは仕方がないのかもしれない。

余分に買わされたSIMカードの金額を今日は新しい容量分として相殺してくれたから、なんだか得したような気分にもなった。これで今使わせて貰っている家の持ち主が来てもモバイルWiFiルーターを使うことが出来るわけだ。これに掛かった費用はわれわれからのお礼ということでここに置いていくことにする。

懸案事項が解決したあと、ブリギッテのお土産選びに付き合う。これはわたしが危惧していたほど時間がかからずに済んだので嬉しかった。(^_^;) そのあとチェシュメの表通りにある去年も入ったことのある店で遅い昼食を取る。わたしはラム肉+ライスを食べたのだがとてもおいしかった。太い骨からホロホロと剥がれるラム肉としっかりと味の付いたライスのバランスがなんとも言えないおいしさ。

次はチェシュメを出てすぐのところにある大きなスーパーマーケット MIGROS に立ち寄る。入った途端にブリギッテの頬が緩んだ。どうやら彼女のお眼鏡に適った店だったようだ。そこでもお土産やわが家用のトルココーヒー粉末を買って帰宅。

17時半頃に海に入る。今日はかなり暑い日だったから海水温度もかなりの暖かさ。波も全くといってよいほどない快適な海。気持ちよく帰宅してから今日買ってきたワインを開けた。

IMG 3881

トルコはギリシャやイタリアに較べるとワイン文化はまだまだ。しかし最近はかなり力を入れてきているらしい。そこで試しにと買ってきたのが写真のワイン。15TL(約5€)と安価だったのでまったく期待していなかったのだがこれがおいしかった。トルコワインの将来はなかなか侮れない。

今夜は滞在最後の夜ということで隣のおばあさんをわれわれのテラスに招いて歓談。おばあさんは持参のウィスキー(J&B)のオンザロックス、わたしらは赤ワインを飲みながら楽しく過ごした。おばあさんの話ではここは9月頃が一番いい気候だという。もし、来年も可能だったらその頃に来たいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です