週明けは家事労働

7月7日(月)・晴れのち一時雨/最高気温25度

7時起床。新しい週が始まり、今日から静かな日常が戻ってくるかと思ったらどうもそうは問屋が卸さないようだ。Oldenburg で1人住まいをしている義父が電気ドリルで何かの作業をしていて平衡感覚を失い階段から落下したというニュースが入ってきた。

病院に運ばれて頭部を数針縫ったそうだがその他にも肋骨を何本か折ったらしい。今週末にダイヤモンド婚を控えていてその準備をしていたのかもしれない。彼は93歳という高齢なのになんでそんなことをしたのか。ちょっとだけ理解できるのは「まだまだやれる」という自信があるからだろう。わたし自身を振り返ってみても「まだ老人ではない」という自負があるのはたしかだ。それとドイツの男性はちょっとした家の中の修理などは自分でやるという習慣が身についている。

ダイヤモンド婚を祝うためにわれわれは木曜日に出発する予定でいたのだが、予定を早めて明日(火曜日)に出発したいというブリギッテの希望を受け入れた。自分の父親のことだからやはり心配なのだろう。

今朝は8時過ぎにウォーキングに出掛けて11272歩・91分歩いて帰宅。そのあとすぐに庭の芝刈りに取りかかる。明日から出掛けるとなるとどうしても今日は刈っておかなくてはならない。今朝はちょっと蒸し暑かったから終わったときにはさすがに疲れた。しかしそのあとシャワーを浴びてスッキリ。

娘2人が週末に泊まっていったので彼女たちの使ったベッドシーツ類が洗濯機の中に洗い上がっているのを発見。それを干してから昼食。ドイツ食とか Pizza が続いたのでうどんがおいしい。(^_^)

午後、ビールとミネラルウォーターが切れかけていたので車で買いに行く。ノンアルコールの Helles も購入。帰途、ガソリンを満タンにして帰宅。そのあと40分のタイマーをセットして遅い昼寝。

夕食はモヤシの残りを食べきりたかったから豚肉、エビ、タマネギ、人参、キャベツを使ってオイスターソース味の野菜炒めを作った。ブリギッテは明日からまた休暇を取らなくてはいけないので仕事を片付けるために残業。帰宅は21時を過ぎていた。

4 thoughts on “週明けは家事労働

  1. 高齢者の作業→怪我・どんなに大変なことか(去年我が家にもありましたので)・・ご本人は勿論、周囲の動揺も心配も並大抵ではないことと思います。お見舞い申し上げます。ゆっくりでもよいですから痛まないよう、リハビリで辛くないよう、穏やかに日常生活に戻られますように祈っています。

    • 彼はまだ入院中ですが、頭部の方はともかく胸骨が3本ほど折れたのでそちらの痛みが心配でした。しかし痛み止めを服用しているので歩くのは大丈夫そうでした。心配なのは精神面ですね。かなり弱気になっているようです。

  2. 大事なくてよかったのかな・・、私でも何かを直すとかは自分でヤル派ですから93歳の気持ち解るような気がします。

    • そう、彼の気持ちはわかるのですが、わたしは2年ほど前に垣根を刈っていて脚立から落ちて以来不安な仕事はしないことにしています。
      これからは年齢に逆らわないような生き方をしていこうと思っています。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です