急転直下の環境変化

9月20日(土)・雨のち晴れ/最高気温21度

7時起床。4時半頃に一度起きてそれから二度寝。目覚めはあまり気持ちよいものではなかった。

どうやら明日からわが家に93歳の義父を迎えて介護しなくてはならなくなった。さまざまな理由があって基本的にわたしは反対なので抵抗はしてみた。だがブリギッテはそれを押してもここに迎えたいという気持ちだ。いろいろな点で理不尽だと思うが、ここでわたしが我を通せば問題はもっと深刻になる。人生にはいろいろなことがあるものだ。

気分転換にウォーキングに出掛ける。傘を持って出たのが正解でコースの半分くらい歩いたところで雨が降ってきた。それほど強い雨ではなかったのでそのまま11379歩・94分を歩いて帰宅。

一旦は参加するつもりでいた今日の午後からの Wofratshausenーハイキングは、義父を迎えるための準備が山ほどあるので残念ながら断りのメールを出す。

午後は何回となく電話の往復が続き、月曜日に予定していた義父の到着が明日という事になってそれからは殺人的な忙しさ。

夕方、ブリギッテが義父が使う小さな机とかこまごましたものを買いにいったので夕食はわたしが「茄子のひき肉のせ」を作る。ちょっと塩を入れすぎた。(-_-;)

2 thoughts on “急転直下の環境変化

  1. 日本の介護事情はとても深刻です。ミュンヘンはいかがなのでしょうか。
    ご家族の負担が重すぎないことをお祈りします。

    • 突然ことなのでわたしもミュンヘンの介護事情というのは把握していません。
      これから手探りでということですね。
      ますます自分の健康には気をつけなくてはと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です