冬タイヤに交換

11月24日(月)・曇りときどき晴れ/最高気温13度

6時起床。昨夜は4時半頃に1度目が覚めたがそのあとまた眠ることが出来てようやくジェットラグからの解放を感じる。

日本に帰る前に予約しておいた「冬タイヤへの交換」のために8時半頃に家を出た。車を修理工場に預けてから向かいにある大きなホームセンターを見て回る。こういう店は大好きなので見て回っても疲れは感じない。気がつくと1時間近く経っていた。

車を引き取ってまっすぐ帰宅。少し休んでから昼食をとって住まいの掃除に取りかかる。わたしの居なかった2週間の間はブリギッテも忙しくしていたので掃除が行き届いていないような印象。(^_^;) FRITZ と平行してわたしも掃除機を掛けてようやく満足する状態になった。

終わったのは午後2時半頃で、外は気持ちよさそうに晴れている。暗くなるまであと1時間半ぐらいはありそうなのでしばらく振りのウォーキングに出掛けることにした。

いつものコースを歩いて45分くらいすると疲れを感じたので無理をせずに途中でコースを変えて帰宅。それでも8632歩・73分を歩くことができた。徐々にペースを上げていくつもりでいる。

帰宅してすぐにシャワーを浴び、汗ばんだ下着を取り替える。まだ夕方5時前だったけれど Weißbier を1本。つまみはもちろんサラミソーセージ。そのあと眠気に襲われ椅子の上で30分ほど眠ったようだ。

夕食はブリギッテが戻ってから、昨夜のラム料理の残りをスパゲッティのソースとして食べる。これもまたおいしかった。

冬タイヤに交換」への2件のフィードバック

  1. 私も今月は私用で急遽帰国しましたので、まだ時差ボケが抜け切りません。

    先週は前からの予定で「マノン・レスコー」目当てでミュンヘンにお邪魔しました。
    当方も急ぎの往復でしたし、篠の風さんもブログが中断していたので、日本ご旅行中か急用だろうと想像し、敢えて連絡は辞させて頂きました。

    やはり日本でもミュンヘンでもすれ違い・行き違いだったようで残念ですが、当方はビールとドイツ料理、久しぶりの美術館再訪、サウナを満喫し満足して帰仏しました。
    劇場も「アイーダ」初日以来ですから4年半ぶり、ネトレプコには振られましたが、カウフマンは絶好調、演出も面白くまあ楽しめました。

    篠の風さんも日本滞在中は食事、出会い、旅行を堪能されたようで何よりでした。私の方はミュンヘンも意外な暖かさでしたが、日本では紅葉を楽しむ暇もなく残念でした。13日からの快晴の一日に富士山は拝めましたが。

    • おや、まあ。 Verdiano さんも帰国されていたのですね。そしてミュンヘンにもいらっしゃっていたとは。「マノン・レスコー」は2回目の公演を妻も観てきたそうです。 Jonas Kaufmann は良かったけれどソプラノはセクシーさに欠けていたというものでした。(^_^;)

      日本に帰る最大の楽しみは知人、友人と会うことですが、それが年々大切なものに思われるのはわたしが年老いていくことと無関係ではないように思います。若い人たちと会って、飲み、歓談していると元気をもらっているような気になります。それと気軽に日本国内を移動できるというのも嬉しいです。今回は円安の恩恵もありましたしね。こんな楽しいことを繰り返すことが出来るように健康でありたいと思いました。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です