Regensburg 日帰りの旅

1月17日(土)・雪→雨/最高気温2度→4度

8時15分起床。今日は次女の住む街 Regensburg まで日帰りの旅。次女は1月21日が誕生日なので前祝いにと彼女と一緒にプレゼントを買うことにしていたらしい。義母も夫を亡くして寂しいだろうからと気晴らしに連れて行くことにした。わたしも父として当然同行しなくてはならなかった。

9時半頃に家を出て義母をピックアップする。歩行が困難な義母のために昨日レンタルの旅行用車椅子を借りてあったのでそれをトランクに積んだりしたから出発までにはちょっと時間がかかった。

大晦日に車を運転していて腰痛がひどくなったのがトラウマになっていたので、運転はブリギッテに任せる。 Regensburg までは130kmほどの距離なので後部座席に座っていてもそれほど苦痛ではなかった。

ミュンヘンは朝から雪が降っていたが Regensburg は雨。いったん次女のアパートでお茶を飲んでひと休みしてから Regensburg の旧市街に出掛ける。

義母は現在歩行困難な状態なので車椅子を用意していって正解だった。旧市街はまだほとんどが石畳なので雨で濡れた道を歩くのは危険だったろう。車椅子を押すのはわたしの役目で石畳の上はけっこう力が必要だった。

昼食は Regensburger Weissbräuhaus という昔ながらのレストランで次女がご馳走してくれた。いつまでも子供だと思っていた娘にご馳走になるのはなんとも居心地が悪い。次女の彼も一緒で5人で食卓を囲んだ。

ここはレストランの中で自前の Weißbier を作っていて、食卓の脇にその製造装置がある。

IMG 0372

わたしはもちろん Weißbier と Regensburger Sauerbraten を注文。

IMG 0366

IMG 0367

ブリギッテと次女、そして次女の彼は Schweins Haxe を、

IMG 0371

義母は Fleischpflanzerl を頼んだ。

IMG 0368

地方都市は大体がそうなのだが量が多い。さすがに義母には多かったらしく残したのでわたしがそれを戴いた。12日に大量の肉を食べて以来どうも胃拡張の気味がある。

そのあと腹ごなしに小雨の中を散歩。もちろんドームの中にも入ってみる。まだクリスマスツリーが飾られていた。

IMG 0360

夕方5時頃になってようやく暗くなってきた。ミュンヘンよりも30分ほど日が長いようだ。そうしてまたミュンヘンに向かって走る。帰路も運転はブリギッテにしてもらった。途中でちょっとした日用品の買い物をしたので帰宅は19時半頃。

疲れたけれども次女も義母も喜んでくれたのでブリギッテも嬉しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です