確実に花粉症だ

2月28日(土)・曇りときどき小雪/最高気温5度

8時起床。昨夜もよく眠れなかった。喉の壁が紙ヤスリでこすられるような感じでときどき目が覚めた。いつもは窓を傾けて外の空気が室内に入ってくるようにしているブリギッテも、昨夜は窓をピッタリと閉めてくれた。それでもアレルギーには効果無し。

朝食のあとブリギッテは今日は1人で買い出しへ。その前に2人でダイニングキッチンの床の拭き掃除をする。終わってみればやはり気持ちが良い。

午前中は小雪がちらつく寒い天気。しかし午後からは良くなってきた。1人で昼食のうどんを作って食べてからベッドに入って昼寝。今日で、鶏ガラスープは完食。

午後から次女と末娘が来ていたらしいがわたしはずっとベッドの中で眠っていた。

今夕はブリギッテが仕事先から廻ってきた切符で演劇にお付き合い。客席に座るコンディションとしては最低だが、切符を無駄にするわけにも行かない。演目はイプセンのペール・ギュント。(Henrik Ibsen/Peer Gynt)

http://www.residenztheater.de/node/23582

エドワルド・グリークがこれを題材にして音楽を書いているから名前とおおよその内容は知っていた。芝居になってもなかなか面白かった。座った席が前から5列目だったので俳優の話すドイツ語がとてもよく聞き取れた。

休憩のあとになってアレルギー症状が出てきたがなんとか持ちこたえる。人前で緊張していたせいかな。

車で出掛けて劇場の地下の駐車場に止めたので(それも出口に一番近いところ)渋滞にも遭わずにわずか18分で帰宅。

2 thoughts on “確実に花粉症だ

  1. 当方は1月末に流感にやられ、熱は2-3日で下がったのですが、その後に現われたふらつきと喉の痛みが消えるのには実に丸1カ月かかりました。
    回復期が長いのは今年の流感の特徴で普通のことだそうですが、私の場合途中からひどい涙目が重なったので、花粉症が重なったようです。
    年によってはこの早い時期に花粉症が出ますので。
    花粉症と風邪は症状が酷似してますから、判断が難しいことがありますね。
    頑張りましょう。

    • おやおや、快復にそんなに長い時間がかかりましたか。お仕事を持っているとそれは大変でしたね。
      昨夜は前々からブリギッテと約束していたことでもあり、少し無理をして演劇を観てきましたがやはりいけなかったようです。夜中は咳が出てよく眠れませんでした。早くこの時期が過ぎてくれることを願うばかり。(^_^;)  Verdiano さんもお大事に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です