難しい決断

3月2日(月)・曇りときどき雨/最高気温9度

7時20分起床。昨夜は咳に悩まされることもなく比較的よく眠れた。午前中は雨が降っていたが、体調を考えると大丈夫そうだったので総領事館へ。「在留証明書」を発行してもらうだけだから、別に急ぐ用事ではないのだが、面倒なことは早く済ませてしまいたかった。それと週末はほとんど寝たきりだったから外の空気を吸いたかった。

家を出る少し前にヒョウまで降ってきた。Rosenheimerplatz の手前で救急車が道を塞いでいたためにしばらく待ってから路上での下車となった。これはちょっと珍しいこと。普通はたとえ停車場がもうちょっとという距離でも乗客の安全を考え、トラムの運転手が扉を開けて乗客を降ろすという事は無い。それだけ救急車の止まっている時間が長かったということだ。

そして帰途も Wettersteinplatz のひとつ手前の駅に救急車が止まっていてちょうど担架に負傷者が乗せられたところだった。自動車事故ではないようだった。

往きも帰りもこんな光景を見るということは、わたしだけでなく多くの人の(たぶん老人がほとんどだと思うけれど)体調に変化が起こっているということかな、と考えていた。ミュンヘンは、今インフルエンザが流行っているし、わたしのように花粉症の人も多い。

わたし自身はそれほどひどい状態とは思わなかったのだが、土曜日の夜のわたしは咳がひどくて、隣のベッドに寝ていたブリギッテが心配のために3時間ぐらいしか眠れなかったと言う。

その彼女が「花粉症のひどい時期はどこか暖かい国で2週間くらい過ごしてきたら?」と勧めてくれた。少しだけその気になる。(^_^;)

そうなると行きたくなるのはやはり日本である。(^_^) それならと定宿のアワーズイン阪急の予約状況を見たら5月まではほとんど空き室がない。

それにこの時期は日本も杉花粉が飛んでいる。わたしが杉花粉に対してアレルギーがあるかどうかは未知なので、行ってみたらミュンヘンにいるよりもひどかったというのでは笑い話にもならない。(^_^;)

で、行き先を考えていてポルトガルのリサボンという案が浮かんだ。あそこなら白樺は存在しない。それに費用の面でも日本と較べると半額以下で済む。まだ行ったことがない土地なので不安はあるけれど、旅行にちょっとの不安は付きもの。

しかし、出発するタイミングが難しい。出来ればギリギリまでミュンヘンで粘って、帰ってきた時には白樺の花粉が飛んでいないという状況がベスト。どうなるかなぁ。自分でも決めきれないでいる。すべてはこれからの体調との兼ね合いだ。もしかしたら避難することなく今年も花粉症の時期をやり過ごせるのかもしれない。

ちなみに今日の体調はほとんど元に戻っている。きっと雨が降ったからだろう。

2 thoughts on “難しい決断

  1. 篠の風さん、
    日本も花粉症がすごいです。私はアレルギーで苦しむほど影響が大きいわけではありませんが、それでもここ数日、眼が痒くなりました。漢方が良いかなと思い、買ってきて、ただいま試しています・・・・・。

    • 先日ニュースで関東地方が花粉でいっぱいの図を見ました。
      あれを見ただけで目が痒くなりそうですね。(^_^;)
      あと2週間くらいは『じっと我慢の子』ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です