Odysseus、冬眠から復帰

4月12日(日)・曇りのち晴れ/最高気温20度

7時起床。今日は日曜日だからゆっくり寝ていても良いのだが、いつも通りに眼が覚めて起床。ブリギッテはゆっくりと9時頃に起きてきた。

9時半頃から義母をまじえてのブランチ。どうもこのところ義母の老いが加速しているように思える。30年ほど別居はしていても夫が死ぬということはやはり生きていく上でのバランスが崩れるのかもしれない。夫婦の形はいろいろあるということか。そのどれもが正解なのだろう。

今日は車が無いのでブリギッテと二人で義母の住まいまで Tram で送っていった。その足でイザール河畔のコースをブリギッテも一緒に辿る。

今日はお天気に恵まれた日曜日とあって、自転車乗りやジョッギングの人たち、そしてお年寄りの散歩も多かった。

帰宅して昼食をとってからわたしは昼寝。午後に末娘夫婦が車を返しに来て昨日の結婚式参列の様子を語ってくれた。

末娘の主人の手を借りて冬の間テラスにしつらえてあった小鳥の餌台を地下室にしまい、そのかわりに亀の Odysseus を冬眠箱ごと庭に持って来た。4月も半ばを迎えてそろそろ彼も冬眠から覚めてもいい頃だ。

IMG 9649

ブリギッテとも相談して、Odysseus は次女の知人に貰っていただくことにした。われわれ夫婦も歳をとるばかりだから出来るだけ身の回りを簡素にしておきたいと思う。亀は手のかからない動物ではあるが、だからといってなおざりにすることも出来ないし家を留守にして旅行に行くときなどは誰かに世話を頼んだりしなくてはならない。このへんが潮時だろう。

夕食はカレイをオーブンで焼いてジャガイモと野菜を付け合わせて食べた。わたしの体調もかなり戻ってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です