ブリギッテ帰宅

5月10日(日)・晴れ/最高気温20度

7時起床。今日は一週間の休暇を終えてブリギッテが帰ってくる日。木曜日にはかなり徹底して掃除をしておいたのだが、今日までの間にまた汚れが目だつようになってしまっていた。というわけで朝食をとったあとまた各部屋に掃除機をかける。

今日は朝から気持ちの良い天気だったのでテラスに机と椅子を設定する。今の時期は黄色い花粉が飛び交っていてその拭き掃除。この花粉による花粉症でなくて良かったと思う。

ブリギッテは義母を彼女の住まいに送り届け、今日からの生活環境を整えてきたので帰宅は午後3時過ぎとなった。

帰宅するなり瀑布のように休暇中の出来事を説明するのはいつものこと。フン、フンと聞いているふりをしていたが全ては聞いていない。(^_^;) 彼女はそのあと庭仕事をやりだした。

夕食は近くのドイツレストランへ。というのは昨日5月9日はわれわれ夫婦の34回目の結婚記念日だった。5月5日に籍を入れて9日が教会での結婚式だった。彼女もわたしと同じようなことを言っていたが、よくこれまで保ったものだとお互いに自分自身を誉めあった。(^_^;)

今日はドイツは「母の日」でもあるのでレストランはそれらしいお客で盛況。われわれのことを見た他の人たちが「母の日の食事」だと思わないといいね、とブリギッテに言ったら蹴飛ばされた。(笑)

また、そこで思いがけない知人に遭遇。わたしがドイツに来た頃にミュンヘンの舞台で活躍していたテノール、Francisco Araiza にバッタリ。

彼はもちろんわたしのことなど記憶には無かったが「ホフマン物語」や「魔笛」「後宮よりの誘拐」「バラの騎士」「マイスタージンガー」などで同じ舞台に立っていたことを説明するととても懐かしそうだった。

そのあとも食事に来た近所に住む友人家族に会ったりして、賑やかな結婚記念日の食事となった。

2 thoughts on “ブリギッテ帰宅

  1. おめでとうございます。本当に良かったです。今日まで穏やかに時を重ねたこと、双方の忍耐も、少しはあったでしょうが、慶びはもっと多かったことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です