Pelléas et Mélisande

現在、休暇でミュンヘンに滞在中のご夫婦から今夜の切符をいただいた。奥様が折りからの猛暑で体調を崩されて、せっかく楽しみにしていた今夜のオペラを用心のために断念されたのだ。

わたしはこのオペラ初体験。起伏の少ないフランス語の語りで繋がれていて、これは予習をして行かないとちょっと辛いと思った。ソリストたちのレベルの高い歌唱には満足。

Pelléas et Mélisande

Musikalische Leitung:Constantinos Carydis
Inszenierung:Christiane Pohle
Bühne:Maria-Alice Bahra
Kostüme:Sara Kittelmann
Licht:Benedikt Zehm
Mitarbeit Regie:Malte Ubenauf
Produktionsdramaturgie:Benedikt Stampfli
Chor:Sören Eckhoff

Arkel:Alastair Miles
Geneviève:Okka von der Damerau
Pelléas:Elliot Madore
Golaud:Markus Eiche
Mélisande:Elena Tsallagova
Yniold: Tölzer Knabenchor
Ein Arzt:Peter Lobert
Ein Hirt:Evgenij Kachurovsky

Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です