カローラ作のケーキ、また

先週Carolaが作ったケーキがまたまた見事だったので記録しておく。

F76338b11e985e8952fedd90bab50103

チョコレートケーキ。ギムナジウム時代、音楽教師だった恩師の奥さんが60歳の誕生日を迎えたので奥さんのためにと頼まれたそうである。

例によってマルチパンで作られたグランドピアノの見事なこと。ピアノの内部もいかにもそれらしい。黒鍵のひとつが床に落ちてしまい見つからなかったのでちょっと変なのはご愛敬。(笑)

書かれた文字は Happy Birthday Felizitas なのだがそれぞれの単語の最初に注目して欲しい。ト音記号やらバス記号を使っている。そしてケーキを囲んでいる音符は「ハッピー・バースディ・トゥ・ユー」のメロディだ。

このケーキを見たかつての恩師は「これまでで最高のケーキだ!」と感激だったらしい。

6 thoughts on “カローラ作のケーキ、また

  1. なんて素敵な!言葉がない・・・このデザイン、心のこもった・・・すばらしいケーキですね。「食べるのもったいない」とはこのような作品の食品の時のためだったのです。
    天才です!すばらしいですね。

リンデ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です