素晴らしかった夏も終わりか?

8月14日(金)・晴れのち曇り/最高気温31度

5時40分起床。今日も早起きしてしまったがすぐにウォーキングに出掛けることはせずにブリギッテと一緒に朝食を済ませたあと、7時頃に家を出た。6時出発というのは気持ちが良いのだけれど、疲れが次の日に残るような気がする。10239歩・88分を歩いて帰宅。

帰宅してからシャワーを浴びてその後メールチェックなどをするのはいつもの通り。明日はミュンヘンのようなカトリックの地区は祝日なので全ての店は閉まってしまう。そこで昨日買い残したものを補うためにバスで Rosenheimerplatz まで出た。

いつの間にか St.Martinsplatz で乗り換えることなしに Rosenheimerplatz まで行けるようになっていた。 Tram が復活するまではまだまだかかるのだが、これだけでも大助かり。

久しぶりに馴染みのケバブ屋さんで昼食をとる。その後 ALDI と中国食品店で食料品を買い求め帰宅。帰りのバスに揺られて胃の中の消化が始まったのと暑いのとで眠くなり帰宅後ベッドに潜り込む。

眼が覚めるとブリギッテから留守電が入っていて買い物をした野菜類が重いから迎えに来てくれと言う要望。夕方5時過ぎに迎えにいった。この頃から周囲が暗くなり風も出てきていかにも夕立が来そうな空模様。

結局パラパラと小雨が降っただけで夕立にはならなかったのだが、天気予報によれば明日から一週間ほどは雨模様の日が続くようだ。これで今年の夏が終わるのかもしれない。

迎えに来てくれたお礼にとブリギッテが夕食に生ガキを出してくれた。これも久しぶり。

IMG 1606

生ガキは「R」の付く月でないと食べてはいけないというのは知っているのだが、かまわず食べた。イタリアの白ワインと溶け合っておいしかった〜!

IMG 1607

食後にちょっと冷やっとする空気のテラスに座って暮れてゆく空をしばらく眺める。

今年の夏は本当に夏らしい夏だった。最高気温が30度以上の日が7月は14日、8月は今日まで連続して11日あったのだ。
 ミュンヘンにしてはとても珍しい夏。夏よ、ご苦労さん!

2 thoughts on “素晴らしかった夏も終わりか?

  1. 先週末は3日ほどザルツブルクでしたが、またしても急ぎの往復でミュンヘンは泣く泣く素通りしました。ザルツも33-34℃の酷暑で、個人的には6月以来パリでも37℃超える猛暑日が2日あった上、出掛ける先々でも何故か必ず猛暑に遭遇してしまっていたので、正直ウンザリでした。
    ザルツでも地元の人は「去年は夏が来なかったから歓迎」と満足気味、ビール屋はホクホクとのことでした。
    パリの戻ってきたらまたまた33℃で辟易でしたが、今は20℃まで下がって万歳です。
    東京も酷暑のようですね。

    うまそうなカキですね。フランス産かな。ドイツでも北海岸ではカキ養殖が行われてるみたいですが。
    カキは夏は産卵期でうまくないとされるけれど、新鮮ならば事実上味に差はないと私は感じています。
    それより産地による違いの方が大きいような。ブルターニュ産とノルマンディー産は微妙に違うし、特に地中海産はもちろん塩気が強いし味もコクがあってかなり違います。私は地中海産が好きですが、仏南部では簡単に食えるもののパリで見つけるのは至難です。

    • 昨日の牡蠣はかなり塩気が強かったです。口に入れた途端に少年時代に海水浴に行って思わず飲んでしまった海水の塩辛さを思い出しました。
      地中海産だったのかもしれません。パッケージを見ておくのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です