東京着

9月15日(火)・曇りときどき晴れ/最高気温26度

ANA 機内の座席はユリアとフローリアンが足を伸ばせる非常口の所、わたしはそこから少し後ろの通路側。まあまあの飛行だったがやはり長時間の飛行機は少しずつ辛くなっている。予定時間より少し遅れて羽田空港には16時過ぎに到着。日本はまだムワッとするお天気だ。

空港内の ATM で日本円を引き下ろしたり Japan Rail Pass の交換をする。そのあと京急を使って品川まで出てから大井町の定宿「アワーズイン阪急」へ。

わたしはシングル館、ユリアたちはツイン館と別の建物にそれぞれチェックイン。ツイン館はまだ出来て間もない建物で、わたしも入ったことはないのでユリアたちについていって検分。スペースも普通のビジネスホテルに較べて遜色はなく、新しいだけに気持ちがいい。一万円以下の値段でこの部屋、立地条件だったらお薦めである。

1時間ほど休んでからユリアたちと落ち合って昭和の香りなつかしい立ち飲み屋へ。彼女たちにとってはとても新鮮だったらしい。そのあと二軒先の店「永楽」でラーメン+餃子を食べて2人とも満足。

P9151681

P9151689

自室に戻ったあとメールを書いたりしていて23時過ぎの就寝。

2 thoughts on “東京着

  1. 「篠の風、大井町横丁徘徊記」、待ってましたよ。
    羽田着になって大井町はますます狙い目になりましたね。
    一人でハシゴが気楽でしょうが、連れの案内もまた一興でしょう。
    東京到着第一夜が立ち飲み屋とは最高の幕開きでした。
    横丁飲み屋は最近は仏でも東京の魅力として紹介されるようになったので、若い仏人旅行者は楽しんできてますね。

    • ここは最近、結構注目されているようです。それでもそんなに混みあっているということはありませんでした。
      いつ行ってもわたしには心和む横丁です。娘たちも喜んで楽しんでくれたようで何よりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です