金閣寺・竜安寺・仁和寺

9月22日(火)・快晴/最高気温28度

7時半起床。わたしはいつもの時間に眼が覚めてしまったのだが、若い二人はまだ熟睡中。一つ部屋に寝ているので、リズムが合わないからわたしはなかなか疲れる。

9時半頃に部屋を出てバスで「金閣寺道」まで乗る。その前に近くのコーヒー店で腹ごしらえ。バスはかなり混んでいて現在の京都の観光ブームを実感する。

金閣寺はもう何度見たかわからないほどなので、ほとんど興味も湧かなかったから、まわりの観光客を観察している方が面白かった。外人観光客もかなり多くなっているがなんといっても中国人が圧倒的に多い。この時間帯はカンカン照りの強い陽差しで、わたしは疲れすぎないようにできるだけ日陰を縫って歩くように注意していた。

その暑い中を金閣寺から竜安寺までの道を歩く。ダラダラの下り坂だったので日射しの強さを除けば楽だった。竜安寺も金閣寺と同じような人出。

そのあとまた徒歩で仁和寺まで。ここはかなり広い敷地に建っているせいもあったので人の多さはそれほど気にならなかった。庭もかなり見せるもので面白かった。

しかし、京都観光はやはり秋か春のまだ空気がシットリとしている頃か、寒さの厳しい冬に来るのが一番だと思う。今日は庭の苔などもかなり乾燥している感じで、わたしの中の京都のイメージとはちょっと違っていた。

仁和寺の観光を終わってバスに乗ったのだが、運良く座れたのは幸いだった。途端に眠りに引き込まれる。本来なら「二条城」も見せてあげたいと思っていたのだが、それをやらなくて正解だった。

部屋に戻ってから全員がベッドに横になって疲れを癒す。ユリアはすぐに眠ってしまった。

夕方5時頃からフローリアンを誘って、インターネットで見つけた「銭湯」までバスに乗る。途中バスを乗り違えたりしてやっとの思いで着いた銭湯はやはり楽しかったし疲れを取ってくれた。

フローリアンは銭湯に入るのは初めてなので、入り方とか洗い方の作法を教えて一時間ぐらいをそこで過ごす。

帰りにバスがなかなか来なくて30分ほど待たされのち、辛抱しきれずに歩き始めたが停留所を2つほど歩いたらバスがやってきた。しかしそのバスは市バスでなく京阪ナンとかのバスで運賃を払わなくてはならなかった。市バスの一日券は持っていたのに。

帰りが遅くなったのでユリアは心配していたが、そのあと3人で食事に出掛ける。今夜はミュンヘンの友人夫妻が教えてくれた居酒屋「京都ハナビ」という小さなお店。

ここで各種の料理を頼み、ビールを飲みながらおいしく食べた。下の写真は唯一二人が気持ち悪がって食べなかった「梅くらげ」。(笑)

20150922 210639

今夜の食事はユリアのおごり。部屋に戻ったのは22時過ぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です