鎌倉

9月30日(水)・快晴/最高気温25度

5時起床。今日も早い起床。シャワーを浴びて下の Family Mart でコーヒーを買ってきて飲むというここ数日のスタイルが気に入っている。

8時にユリアたちと待ち合わせをして鎌倉へ。彼女たちは「かっぱ橋道具街」にも行きたかったらしいが、大井町からだったらやはり鎌倉だろうと思う。

昨夜から鎌倉のどこを案内したらよいのか考えていたが、北鎌倉で下車して鎌倉駅までの間の寺を廻るというのは、最初の鎌倉を経験する二人には地味すぎるだろうと考えた。それと今回の旅行も終わりに近づいていて、わたしも疲れをおぼえていたので、この暑い日中に歩くのは辛いかも知れないと思った。

だとしたら「鎌倉の大仏」、「由比ヶ浜」、「鶴岡八幡宮」、そして「小町通り」だろうと考えた。

朝のうちは秋風が吹いていて肌寒かったのだが、鎌倉駅に着いた頃から暑くなってきた。夏が過ぎ、シルバーウィークとやらも終わった鎌倉駅の午前中はそれほど人出が多くない。江ノ電に乗り換えて三つ目の駅「長谷」で下車して少し歩くとそこにはもう大仏が鎮座していた。

改めて振り返ってみると鎌倉の大仏を見るのは中学校の時の修学旅行以来だから53年ぶりという事になる。この時は2泊3日の旅で「日光ー江ノ島ー鎌倉」というコースを辿った。今となっては楽しかったことしか思い出さない。

IMG 0522

奈良の東大寺で大仏を観てきた二人にはそれほどの驚きはなかったようだった。そこから徒歩で「由比ヶ浜」まで行ってみる。

IMG 0530

ここは夏の名残を留める「海の家」の骨組みがまだ残っていてどこか寂しげな雰囲気。サーフィンに興じる人たちが何人かいた。しばらく波打ち際を歩いたあと「長谷」駅まで戻り再び江ノ電で鎌倉駅へ戻る。

そこから今度は「鶴岡八幡宮」へと歩く。12時に近い時間だったがかなり暑い。そしてわたしの足も少し疲れを感じていた。

今日は七五三のお祝いなのか、この暑いのに着飾った子供達を数人見かけた。思えばここも何年ぶりかの訪問だ。

帰路は小町通りをゆっくり歩いて鎌倉駅まで。ユリアたちはまだ買い残したお土産があったので「箸」「お椀」などを買っていた。ここで買い物を済ませることが出来たのは時間の節約にもなっただろう。さすがに疲れたので喫茶店に入りコーヒーを飲んでしばらく休む。

大井町のホテルには3時半頃の帰還。わたしは自室でちょっとだけ昼寝。そのあと駅の「みどりの窓口」で明後日の成田空港までの指定席券を購入する。これが思いのほか時間がかかってしまい、そのあと、ユニクロに立ち寄ってわたし自身の買い物をしたから外へ出たときには既に暗くなっていた。

今夕は「目黒・とんき」のトンカツを二人にご馳走することにしていたので目黒駅の改札口で待ち合わせをする。二人は鎌倉のあとまた銀座へ出掛けたそうだ。

WP 20150930 19 33 49 Pro

「目黒・とんき」のトンカツは安定の品質で、今日も大変おいしくいただいた。キャベツはお代わり1回、ご飯も2杯半食べて大満足。ユリアたちもおいしかったらしい。

これで今回の三人旅もほぼ終わる。明日はそれぞれにお土産を買ったり買い残したものを買ったりして過ごす予定。

鎌倉」への4件のフィードバック

  1. とんきはご近所さんですが灯台元暗しと言うのか、
    目黒へ住んで40年になりますが2度食べた切りです。
    厚い衣は今も変わりませんか・・、

    • たっぷりと面積をとった仕事場の中でキビキビと働く店員さんたちを見ていると気持ちが良くなりますね。
      わたしは去年に続いて1年ぶりの訪問ですが安定の質と量でした。
      東京に滞在する時には一度は食べてみたい店の一つです。(^_^)

  2. 素晴らしいお天気に恵まれて幸いでしたね。
    私も小学校の遠足で初めて鎌倉の大仏見たときの印象は、奈良を見た後だったので「小さい!」でしたね。同級生も同じようなこと言ってました。
    中高の6年間鎌倉だったのでよく歩きましたが、そう言えばそのせいかその後大仏を再訪したことはないかも知れません。

    晩夏・秋口の日本の浜辺は静かだし気候は欧州の夏並みですから快適ですね。昨年11月に帰ったとき快晴の一日に隣の七里ガ浜から稲村ケ崎に行ってみましたが、陽射しはあるものの風が結構強かったです。ただ欧州に比べて日本は陽が落ちるのが大変早いですから、夜型の私はせかされてる気になっちゃいますね。

    「とんき」の写真で壁際の人たちは順番待ちでしょうか?

    • 数十年ぶりの鎌倉の大仏、海岸はそれなりに懐かしく楽しかったです。
      「とんき」の窓際の人たちは順番待ちで、この夜はヨーロッパ系の外人が2割ぐらい占めていました。店に入るなり「ロースカツかヒレカツか」を訊いてくる大将らしき人が一人いて彼の慣れた采配でそれほど待たされたという気持ちもなく席に着くことができます。この大将らしき人、見ていると決して順番を間違ったりしないのが信頼できます。また、巡業員のキビキビした動きと客たちが食べたらすくっと立ち上がるバランスが絶妙なのでそういう気持ちになるのかもしれません。ドイツ人のようにじっくり腰を落ち着けて会話を楽しみながらという客層には絶対に向きません。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です