マントヴァ⇒トスカーナ

11月1日(日)・快晴/最高気温17度

7時半起床。マントヴァのホテルのベッドは硬めで東京のアワーズイン阪急のベッドと似ている。気持ちの良い睡眠が取れた。

8時頃から小さな食堂で朝食。品数は少ないけれど心の籠もった暖かい雰囲気のビュフェースタイル(バイキング形式)。このホテル(ペンションと言っても良いかと思う)の若い主人の母上が焼いたというマントヴァ独特のクッキーもあったりしてブリギッテはご満足。

IMG 2089

そこを10時前にチェックアウトしてマントヴァの宮殿を見学する。規模は小さいのだがかなり見ごたえのあるフレスコ画や各部屋を彩る絵画だった。かなりエロティックなものもあったりして、日本の春画とはまた違った独特の迫力だった。疲れたなと思う頃にちょうど全てを観終わるという、絶妙の規模。

宮殿を囲む公園がまた美しく、幸運なことに今朝は素晴らしい天気だったから木々の紅葉が斜めから注ぎ込む光線に映えてとても良い雰囲気を作っていた。

IMG 0717

それを眺めながらエスプレッソを飲んで疲れを癒す。元気が出たところでトスカーナに向かって走り出した。

IMG 0722

天気も良かったし日曜日とあって高速道路上はトラックが走っていなかったから気持ちの良いドライブとなった。そこからの400キロメートルはわたしがひとりで運転した。

ただ、フィレンツェに向かう高速道路に入ってからはカーブも多く神経を使うドライブとなったが、定時の15時にトスカーナの目的地に到着。

折りからテラスでお茶を飲んでいた店主夫妻に迎えられて午後のお茶を一緒にする。しばらくしてからわれわれに用意された部屋へ旅行カバンを持ち込んで内容物を洋服ダンスに整理する。

今回のオリーブ収穫にはミュンヘンから3人の若い男女が駆り出されているようで、その3人は18時頃、暗くなってからの到着。

全員で19時半頃に別荘を出て店主夫妻が予約しておいてくれたレストラン L’ Asinello Ristorante へ。ここは一昨年2013年11月5日にも行っている。本来ならば今日は休業日だったのを8人で行くからということで無理を言って開けて貰ったらしい。われわれだけの貸し切りというわけ。フルコースの料理でさすがのわたしも満腹。料理も全てがトスカーナ独特のものでおいしかった。

オリーブ収穫は火曜日に行うらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です