“SOUTH POLE” を観てきた

昨日、急に今夜の切符が回ってきた。 Premiere が1月31日だったというから中2日をおいて今夜が2回目の公演である。 Premiere は大変好意的に迎えられたようだ。

アムンゼンとスコット探検隊の歴史は小学校の頃から知ってはいたが記憶はうろ覚えだった。はて、アムンゼンが先だったか、スコットが先だったかさえも不確かだったことに気がついた。

それで今日の午前中は例によって Wikipedia で内容の輪郭を読むことから始まり、そのあとインターネット上の面白そうな記事を読んでいった。これに午前中のほとんどの時間を費やしたのだが、結果的にはそれが今夜のオペラを観ていてとても役にたった。

たとえば前奏曲も無しに幕が開いてすぐに、舞台後方に切られた窓から左側が馬の厩舎、右側に犬小屋が現れた。これが両探検隊の相違点のひとつなのだが、前もって知識をがなかったら何が何だかわからなかっただろう。

この点を始めとしてそのあとに続く物語の展開もスムーズに受け取ることが出来た。わたしらが座った席は5列目ということで舞台に相当近かったから舞台上部の字幕 (英語⇒ドイツ語)を見るのは首に負担が掛かる。予習のおかげで字幕を見る回数もずいぶん少なかった。

ほとんど白一色の舞台は最後まで場面転換は無し。単調といえばそれまでだが舞台が南極だからそうなるのは仕方がない。オペラらしくスコットの妻とアムンゼンの恋人がときおり現れて男ばかりの舞台にちょっとした色取りを添えていた。

音楽はわたしの耳には単調、モノトーンに聞こえた。舞台で聴くから2時間余りのこの作品を楽しめたが、音楽だけをとりだした場合、自分がどのように感じるか、不明である。アリアと呼べるものもなかった。

ソリストたちは全員がしっかりとした高水準の歌を聴かせてくれた。なによりも音程がピシッと決まっていてオーケストラの響きと調和していたので安心して聴けた。ずいぶん練習したのだろう。

オーケストラと指揮の Kirill Petrenko に関して、わたしは書くべき事を知らない。振り返ってみても記憶に残るものがない。

Musikalische Leitung/Kirill Petrenko
Inszenierung/Hans Neuenfels
Bühne/Katrin Connan,Hans Neuenfels
Kostüme/Andrea Schmidt-Futterer
Licht/Stefan Bolliger
Konzeptionelle Mitarbeit/Henry Arnold
Dramaturgie/Malte Krasting,Robert Falcon

Scott/Rolando Villazón
Kathleen Scott/Tara Erraught
Lawrence Oates/Dean Power
Edward “Uncle Bill” Wilson/Kevin Conners
Edgar Evans/Matthew Grills
Henry “Birdie” Bowers/Joshua Owen Mills
Roald Amundsen/Thomas Hampson
Landlady/Mojca Erdmann
Hjalmar Johansen/Tim Kuypers
Oscar Wisting/John Carpenter
Helmer Hanssen/Christian Rieger
Olav Bjaaland/Sean Michael Plumb

Bayerisches Staatsorchester

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です