胃の調子は回復傾向

3月16日(水)・曇りのち晴れ/最高気温7度

7時起床。朝の気温は相変わらず低かったけれどお昼近くになって太陽が出てきた。しかし相変わらず空気は冷たい。

朝食のあとしばらくしてから11時頃にまたベッドへ戻った。しかし、今度はタイマーを掛けての少し早い昼寝。胃のしこりはずいぶん取れたように思う。

思いついて、昼食は電気炊飯器で「お粥」を作ってみた。乾パンだけの食事だとどうも味気ない。思いのほかにうまく炊きあがって半合のお粥を梅干しと塩とでおいしく食べた。胃に優しいというのは食べたあとでも実感できる。どうしてもっと早く気がつかなかったのだろう。

午後は明晩料理する「水炊き」の材料を買いに Rosenheimerplatz まで出た。鶏肉は明日買うとして、ポン酢は中国人の店に置いてなくて明日、日本食品店まで買いに行くことになる。

夕食には再びお粥を炊いて食べた。ブリギッテにはタマネギとハムのオムレツを作りキャベツの千切りを添える。彼女1人分だからとインスタント味噌汁にした。彼女がおいしそうに食べるのを見ていてちょっと羨ましかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です