姉と再会

4月27日(水)・曇り/最高気温14度

6時起床。
5時過ぎに目を覚まし布団の中でポッドキャスト backspace.fm を聞いていた。それを聴き終わったのがキッチリ6時。それから温泉へ。既にレオの息子さんたちが入り終わる頃だった。皆、朝が早い。

昨日は5回も温泉に浸かりその間はしっかりと眠っていたのに、夜も普通に眠れた。これが温泉効果なのだろうか。とすればかなりの心身の疲れを癒していることになる。半年に1度ぐらいはこういう日があっても良いのかもしれない。

久しぶりに髪を洗ってスッキリとする。今日は12時40分頃の新幹線に乗り姉に会いに行く。

朝食はまた台所でのまかない食。味噌汁とご飯がおいしい。食事のあと温泉に入るというレオに付き合ってまた湯に入る。本館の方の湯に入ったのだが少しぬるすぎたのですぐに別館の方のお湯に入り直した。ここは元湯なので開業するまでは何度か湯の温度を試行錯誤して安定するのを待つらしい。

部屋に戻ってしばらく休んでから10時54分の新幹線に乗るべくレオに車を出して貰う。レオの家族にお別れして車は十和田市へ。街が近づくにつれて気温が上がってくるのが体感できる。

魚屋に立ち寄り姉宅へ魚をお土産に買う。そんなことをしているうちに10時54分の列車には間に合わなくなったので12時54分の列車に乗ることにする。レオの十和田市内の自宅に立ち寄り数日ぶりにネットを使わせて貰った。

七戸十和田駅から乗車してすぐにまた寝入ってしまい仙台の少し手前で目が醒めた。本当によく眠れるものだと自分でも感心する。

DSC_0201

仙台から東北本線に乗り替えて白石の手前、船岡の姉宅には午後4時頃の到着。待っていてくれた姉とお茶を飲みながらいろいろと話す。そのうちに夕食の時間となり、ビールを飲みながらの会話となる。84歳の姉が夕食を作ってくれた。8時過ぎに息子のお嫁さんが帰宅。彼女も年度代わりで仕事の方が忙しいらしい。彼女ともしばらく話して23時過ぎの就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です