ようやく夏日

6月22日(水)・晴れ/最高気温27度

7時起床。
やっと夏が来たか、という感じの1日だった。
朝食のあとは休暇中のブリギッテに付き合って時間を過ごす。彼女は今日、アンナと園芸店へ買い物に行く約束をしているとか。彼女の出発を待ってわたしもウォーキングに出掛ける。時間は既に10時半を過ぎていた。

今日のお天気だと10時半はすでに暑かった。途端に木陰が嬉しくなるから人間って勝手なものだと思う。空を見上げるとそこにはクッキリと夏の雲が広がっている。10762歩を歩いて帰宅。

IMG_2923

IMG_2924

途中で中年の自転車に乗ったカップルに「この近くにビアガルテンがあるそうだけれどそこはどちらの方角?」と聞かれた。そう、今日のお天気だったらビアガルテンはきっと混んでることだろう。夕方からはサッカーヨーロッパ選手権2016のパブリック・ビューイングもあるだろうし。

今夕はちょっとした演奏会(?)に出掛けることになっているので、その前の腹ごしらえ用にと、ウォーキングから戻って着替えもせずにカレーを作り出した。作っているところにブリギッテが帰宅して、今夜の催し物にはカナッペと飲み物が用意されている、というので作ったカレーは明日食べることにする。

カレーが出来たあとわたしは1時間の昼寝。そのあとブリギッテに庭で髪を切ってもらう。日本で5月初めに理髪店で切って以来だからかなり伸びていた。そのあとシャワーを浴びてようやくスッキリする。

今夕は BEBEFIZ KONZERT でライオンズクラブの寄付金集めのための催し物。これを企画し、自分でも出演するのがわたしの掛かり付けの歯医者。彼とはミュンヘンの音大時代からの知り合いで今では歯医者になっているテノールである。彼の実力は分かっているので、これまでなんとか理由を付けて行かなかったのだが、ブリギッテのすすめで今回は行くことにした。

2016年06月22日22時17分04秒_001

プログラムを見ればわかるのだが、良くいえば肩の凝らない、気楽に聴き流していればいい催し物だった。ときおり恥ずかしくて下を向きたくなるときもあったけれど、それも愛嬌である。テノールの歯医者の他にはバリトン、ソプラノ、ピアノ伴奏者の4人による舞台だった。

終わってからブリギッテに「どうだった?」と聞くと「寄付金も集まったしお客さん達も楽しんでいたからいいんじゃないの」ということでわたしも納得した。

2 thoughts on “ようやく夏日

  1. ああバイエルンの夏空ですね!
    こちらは5・6月の丸2カ月殆ど毎日雨でうすら寒く、
    フランス人も「仏にも梅雨があるじゃない」と言う始末でしたが、
    今日は昨日の18℃からいきなり30℃の夏になりました。
    でも爽やかな青空には程遠く夕立雲に覆われて蒸し暑く、時折ポツポツ来る一日でした。それも2日だけで金曜からはまた気温下落の由。

    プログラム見ると歌ってる方が楽しんでるような。
    自分たちも客席も楽しんでカネも集める企画力はすごいです。
    しかしプロの方の評言はキビシイですなぁ。(笑)

    • このお天気も週末には崩れるようです。(-_-;)

      昨夜は後半のオペレッタになってからはオクトーバーフェスト的な雰囲気になってしまって聴衆の中には一緒に歌い出す人もいたりしました。そこでわたしも「もういいや」という気分。わたしが間違ってました。聴く姿勢が最初から間違っていたのです。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です