アラレの降った日

10月11日(火)・雨ときどき曇り/最高気温9度

7時25分起床。
本当に久しぶりにこの時間までグッスリと眠れた。睡眠ってこんなに気持ちの良いものだったということを長いこと忘れていた。もちろんこの時間にブリギッテはすでに居なかったけれど、今日は罪悪感無し。(^_^;)

午前中は時折曇り空が現れるけれどおおかた雨。ウォーキングにも出掛けられないので、ちょうど洗って乾いた洗濯物のアイロン掛けに取りかかる。今日はちょっと量が多かった。

お昼ご飯は先週買ってきた「讃岐うどん」を食べる。トッピングはネギとハム、そして生卵を落とす。まあまあかな。

食後に眠くならないうちにウォーキングに出掛けようと家を出て50歩も歩かないうちにアラレが降ってきた。いったん家に戻って空模様を見ていたが止みそうにもないのでおとなしく昼寝をすることにする。

目が醒めると外は曇り空。これ幸いとばかりにウォーキングへ。しかし今回も半分ほど歩いた40分ほど過ぎた頃に再びアラレに見舞われる。雨と違ってこれは身体に当たると濡れるだけではなく痛い!たまらず森の中に入って樹の下で雨宿りならぬアラレ宿り。10分ほどしたら勢いが弱まったのでそこからまた歩き出す。

歩いている家にアラレは雨に変わりこの雨が冷たい!だんだん上半身が濡れてきて凍えそうになった。わたしは30分ほど歩けば家に着いて熱いシャワーを浴びられるけれど、山の中でこんな天気に逢ったらたまらないなと思う。

家に着いたときには手がかじかんでいて鍵穴に家の鍵を差し込むのにも苦労した。身体に貼りついたシャツを脱ぎ捨ててシャワーを浴びたがしばらくはお湯の温かさではなく痛みしか感じない。こんな時には湯船が欲しい。

6時半頃に義母宅へ。今夜はブリギッテが会社のパーティで義母の世話を出来ないのでわたしが代わりに義母の夕飯時に同席して世話を焼いた。料理をするわけではなかったから楽なもの。

帰宅して今度はわたしの夕食。久しぶりに【焼き納豆丼】を作ってみた。

納豆掛けご飯と卵掛けご飯を折半したようなものである。まずくはないけれど巷で誉めるほどのものではないような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です