オリーブオイルの収穫は14リットルだけ

11月3日(木)・晴れときどき曇り/最高気温20度

8時起床。 8時半の朝食。

朝食後、わたしとエルネストは庭の冬支度を手伝ったり、ミュンヘンに持っていく店の備品などを倉庫から運ぶ力仕事。最近は力仕事をしていないのであまり自信が無かったけれど、先日、アンナの住まいに整理ダンスを運んだり、ここ、トスカーナでけっこう身体を動かしてみて、まだまだやれるかな、という手応えを持った。(^_^)

そのあと店主夫人と一緒にオリーブオイル製造工場へ出掛け、昨日収穫したオリーブの実を運び込む。重量を計ってみたらたったの 140Kg でちょっと残念。

工場をあとにしてから、店主夫人に付き合って買い物。今日、木曜日はここ Castelnuovo Berladenga の村に朝市が立つ日。もう何度も来ているので見慣れた光景。チーズ、野菜、果物などを買う。

村の美容室に店主とエルネストが散髪に来ているのでそこを覗いたらちょうど彼達は散髪を終わって店から出てきたところだった。店主夫人は1時間ほど後に自分の頭髪をセットして貰う予約を取ったので、それまでの時間を店主夫人と2人で村の中のバルでエスプレッソを飲んだり、アイスクリーム屋の店先でアイスを食べたりしてブラブラする。

美容室では待合室に座って彼女のセットが終わるのを待っていた。退屈かなと思ったが長い髪の客がいたり、若い女性がいたりと、他の客の様子などを見ていて思いがけなく楽しかった。(^_^;)

そのあと帰宅して昼食。市場で買ってきたばかりの生野菜を使ったサラダ、そして昨日の残りの「きのこのリゾット」と「グーラッシュ」を食べる。

午後、われわれのオリーブオイル圧縮可能の時間になったので再び工場へ。その行程を眺めるのは二回目だけれどとても面白かった。残念ながら14リットルのオリーブオイルしか出来なかった。例年の半分ほどだそうだ。自分で収穫を手伝ったオリーブだけに残念。ヴァージン・オリーブオイルが高価なのが実感できたのが収穫かな。

帰宅して早速、出来たてのオリーブオイルを小皿に取りパンを浸して初物を味わう。とても簡単で質素なものなのだが、非常に贅沢な感じがした。

今回の滞在最後の夜は魚を食べさせる店 Bacco へ。ここは数年前にも来たことがある。魚とパスタを料理して食べさせるお店だが、とにかく量が多い。今日はもう一家族4人が加わって11人で食卓を囲んだ。話も大いに弾んで盛会。帰宅はちょうど午前0時。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です