車椅子を押しての散歩

11月15日(火)・曇り/最高気温6度

6時半起床。
今朝は出がけのブリギッテに起こされた。「建物全体の配水管掃除のために8時半から12時頃まで水もお湯も出ないから早めにシャワーを浴びたほうがいいですよ」ということだった。

何事もなく作業が終わるといいのだが、ドイツの作業員には一抹の不信感があるのでバケツと大きな鍋3つにタップリと水を汲んでおいた。

水(水道)を使えないというのはいざそうなってみると不自由なもの。部屋の中にいてもストレスが溜まりそうだったので、日本食品を買い出しに出掛けることにした。今週のどこかで買いに行こうと思っていたからちょうど良かった。

帰宅したときには作業は無事に終わっていたようで普通に水、お湯が使えるようになっていた。買ってきたうどんに卵とネギ、揚げ玉を入れて久し振りに熱いうどんを食べる。

そのあとマッサージチェアの上で少し眠ったようで目が醒めたら午後2時。義母が昼食を食べたかどうか午後2時頃に見てきてくれとブリギッテに頼まれていたので義母宅へ。今日はちゃんと食べ終わっていた。(昨日は忘れたらしい)

昨日、車椅子で散歩に連れ出そうと思っていたのがマッサージ師の出現で流れたので今日は車椅子散歩に出掛けることにした。明日のお天気は雨のようなのだ。

1時間ちょっと車椅子を押して歩いたのだが、帰り道が少し登り坂になっていたのでけっこうな汗をかいてしまった。太ももが少し張っている。(笑) 義母も気持ちよかったようでなによりだった。

今日も夕食は一昨日と同じ Burrata で、わたしは何も作らないでいい。

ブリギッテは8時頃に帰宅。明晩はブリギッテの Patenkind と彼女のボーイフレンドを食事に招いているので、その準備の話をしながら夕食。わたしも夕ご飯を食べ、デザートにお土産の虎屋の羊羹(おもかげ、夜の梅)を食べたら少し元気が出た。

fullsizerender

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です