氷点下の1日

12月21日(水)・曇り/最高気温ー1度

6時半起床。
朝のうちは濃い霧が立ちこめていた。午後から晴れるかなと思っていたがそのままで1日が終わって最高気温も今年初めての氷点下。

昨日から泊まっている若い2人は9時過ぎに起きてきて、用意しておいた朝食を食べたあと11時頃に出掛けて行った。ミュンヘンの町で行きたいところがあるらしい。そしてそのまま夜はサッカーの試合を見に行くという。この寒空の下、若さだなぁと感心する。

今日は外へ出ずに荷物の配達を待っていたが、その甲斐があって無事に届いた。まだ届いていないものもあるのだが、それらはクリスマスのあとでもかまわないので気が楽。

夕方6時にブリギッテを車で迎えに行く。彼女は家具屋に行ってダイニングキッチンに置く電気スタンドを見に行くつもりだったらしいが、そんなものは年が明けてからにしたらと進言してスンナリ受け入れてくれた。彼女も少しは身体を休めることを考えないと。

家を出る前に「フランス風ポテトスープ」を作っておいたので,帰宅してからすぐに温かいものを食べることができた。ブリギッテの会社で隣に座っている女性が風邪を引いていて,彼女はそれがうつるんではないかと気にしている。一番の予防はしっかり食べて良く眠ることだ。

今日のアドヴェンツカレンダーは Bad Laasphe という所の黒ビール。わたしは黒ビールがあまり好きではない。有名なギネスの黒ビールもおいしいとは思わない。しかしこれは黒ビール特有の癖が少なくて許容範囲内だ。アルコール分は5.3%とちょっと高い。www.brauerei-bosch.de

サッカーを観に行った若い2人の帰宅は10時半を過ぎるだろうから,わたしはそれを待たずに早寝する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です