この寒いのに外食

1月7日(土)・曇り/最高気温マイナス9度

6時半起床。
昨夜は羽布団の上に毛布を1枚掛けて眠った。ちょっと重かったけれど寒さは感じなかったので良しとする。起きてすぐに外気温を見たらマイナス18度。夜中にはきっとマイナス20度まで下がったんじゃないだろうか。水道管などの破裂が心配だったので各部屋の暖房をメモリ2ぐらいにしておいた。

一緒に朝食をとったあと、彼女は義母を連れて買い物へ。こんな寒い日に義母を外へ出さなくてもいいんじゃないかと思うのだが、その義母が行きたがるから仕方がないそうだ。幸いなことに2人が買い物をするスーパーマーケットには備え付けの車椅子があるとか。

わたしはブリギッテがいない間に久しぶりのステレオ三昧。たまにはアンプ類に火を入れてあげないといけない。今日は集中してLPだけを聴いた。本当に久しぶりなのだが音の劣化とか機器の不調は感じられなかった。

夕食は Tram に乗って30分ほど行ったところにあるベトナム料理店へ。この極寒の日に外食しなくても良さそうなものだが、クリスマスから新年に向けて溜まったストレス解消のため。

土曜日ということもあったのか店は超満員。この店のホームページ⇒Thao
いちおう予約しておいたのだが席は入り口の近くだったから客が出入りする度に冷たい空気が流れ込んできて落ち着けなかった。料理はまあまあの水準かな。わたしは自分で包んで食べる生春巻きを注文しておいしく食べたけれどブリギッテが注文した

BANH XEO
Saigon Crepes gefüllt mit Garnelen / Sojasprossen / Frühlingszwiebeln / Salat / Kräutern

というのは味も姿もいまひとつだった。やはりベトナム料理は「生春巻き」に尽きるのだろうか。それでもミュンヘン市内のベトナム料理店の中では良い水準にあると思う。

道路が凍っていると怖いし、車で行くとアルコールを飲めないので Tram で往復した。レストランを出る頃から雪が降り始めて、帰りの停留所で6分待っていただけなのに寒さで震えた。23時の帰宅。

この寒いのに外食」への2件のフィードバック

  1. 僕はこのカリッとしたバインセオが大好きです。ホーチミンで食べたゴイクン(生春巻き)もいいですが、毎朝、野菜たっぷりのフォーをお気に入り小さなお店で食べていました(^_^)。

    • 隣のテーブルの客たちが食べていたのがそれだと思います。まだ食べたことがないので近いうちに試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です