数年ぶりの床屋

1月10日(火)・快晴/最高気温0度

6時45分起床。
今日は一日中快晴で気持ちの良い日となった。予定としては義母に昼食を用意するだけであとは自由な時間。

午前中は書棚の中を占領していた古い雑誌 Mac Fan を片づけることにした。一冊ずつザッと目を通し、役に立ちそうな記事のページだけを切り取り Scansnap ix100 でスキャンしMacに取り込むという作業。約2年分の雑誌だったがそれほど時間も掛からずに終わった。

義母の昼食を2時に終わってその足で Rosenheimerplatz までトラムで出る。だいぶ髪が伸びたので今月は床屋で切って貰うことにした。いつもだとブリギッテに切って貰うのだが、最近は朝7時には家を出て帰宅は8時を過ぎているから時間が取れない。

数年前に街の床屋でひどい頭にされたトラウマがあるので今日はしっかりと注意していた。そして今日も左側頭部をどんどん刈り込んでいきそうになったので慌てて「それで充分」と言って止めさせた。黙っていたらモヒカン刈りに近い頭になっていたところ。危ないところだった。(^_^;)

夕食は「辛子明太子の大根おろし和え」そして「茄子とピーマン、豚肉の味噌煮」を作った。

2 thoughts on “数年ぶりの床屋

  1. モヒカンはモヒカンで見てみたい気がします(笑)

    僕はこのところ千円カットの店なので、腕のいい人にあたるか、逆に本当に床屋かと思うほどひどい腕の人にあたるか、運に相当左右されます。

    • 店内に7つあった椅子の客たちはほとんどがモヒカン刈りとはいかなくても頭の下半分はバリカンで刈り上げていました。流行なんですかね。それを見ていたので危ういところでストップを掛ける準備が出来てました。(笑)
      この店はトルコ人の店で値段もドイツ人の店の半額 (昨日はカットだけで11.7€) ですが危険も伴います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です