砂浜を辿って「塩屋埼灯台」まで歩く

2017年9月3日(日)・晴れ/最高気温24度

5時起床。

昨夜は甥のTと同室で眠りについた。同室で泊まるというのは何年も経験したことがないので眠れるかどうか不安だったけれど、それは杞憂だった。4時半過ぎに目が覚めてから5時まではいろいろと考え事をしているうちに過ぎていった。こういう時間もいいものである。

5時から大浴場が使えるのでTを起こさないようにと静かに床を抜け出す。大きな浴場での朝風呂は本当に気持ちが良い。湯船に浸かっているうちに日の出となり太陽が水平線の彼方に顔を出し、それが昇り切るまでを楽しんだ。これに勝る極楽もそうないだろうと思う。(^_^)

朝食は7時半から。昨夜の面々が朝食の長いテーブルを囲む。おいしい朝食でわたしはご飯を3杯も食べてしまった。(汗) そのあといったん兄の部屋に引き上げ10時のチェックアウトタイムまでまたまたお話しが弾む。

わたしとカローラ、ゲオルクはもう一泊するので他の人たちを見送った。

さて、今日は何をしようかとホテルのフロントで聞いてみると、ここは海岸沿いで2011年3月の津波で大被害を受けたところなのでちょっとした目的地まで行くにはタクシーを使うしか方法がないという。これは困った。

しかし幸いにも素晴らしいお天気なので、遠くに見える「塩屋埼灯台」まで海岸線を歩いていこうと考えた。下の写真では右奥に写っている。グーグルマップで調べると徒歩でも45分ぐらいしか掛からないようだ。

IMG 5535

カローラとゲオルクもそれに賛成してくれて11時頃に出発。海岸線は現在工事中で立ち入り禁止になっている。しかし今日は日曜日ということで作業はしていない。柵を乗り越えて砂浜に降り波を横目に見ながら楽しく歩き続けた。これが本当に素晴らしかった。

IMG 5569

塩屋埼灯台までほとんど疲れもなく到着。海抜73メートルの灯台を昇りきり、そこから眺める砂浜と波の美しさはまるで映画のよう。今日が晴れでよかった!

IMG 5603

帰途につく頃に3人ともお腹が空き始めていたので、コンビニか食堂を探したのだがこの辺には無いことが分かる。震災前まではあったそうなのにまだ復旧していないのだろう。土産物屋さんで聞くと30分くらい歩いたところにセブンイレブンがあるというのでそこまで歩くことにした。お腹が空いていなかったらまた美しい海岸沿いを歩いて帰ろうと思っていたので、それだけが少し残念。

セブンイレブンではおにぎりやサンドイッチ、お茶などを買い求め向かいのバス停のベンチに座って食べる。しっかり歩いたあとだから簡単な海苔巻き寿司が猛烈においしい。幸せ〜!

新舞子ハイツはそこから15分ほどの距離。途中で見かけた「沼の内弁天」を数十年ぶりに訪れたかったのだが、カローラの身体にあまり負担を掛けたくないので引き返すのは諦めた。

ホテルに戻って、すぐに温泉に飛び込む。これがまた最高!ミュンヘンはちょっとした山に行くにも近くて嬉しいのだが「歩いて疲れたあとの温泉」に浸かる喜びが無い。

部屋に戻ってから兄が置いていってくれた昨夜の残りのビールを冷蔵庫から出してグビッとやる。おいしい〜! 快い酔いが回ったところで45分のタイマーをセットして遅い昼寝。

18時からホテルの食堂で夕食。どれもがおいしくて全てのお皿を空にした。そのあとカローラとゲオルクと一緒にホテルの屋上に出て夜景を楽しむ。今日登った塩屋埼灯台の光が闇の中で回っているのがクッキリと見える。

20分ぐらい居ると寒さを感じたので部屋に戻った。21時半頃にもう一度温泉に浸かる。きっとよく眠れるだろう。この日の歩数は15873歩。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です