保津川下りを楽しんだ

2017年9月8日(金)・晴れ/最高気温30度

6時起床。

今朝は泊めて貰っているこの家の父と息子が朝早く家を出るというのでわたしも早起き。父の方は今日から2日ほど留守になるので別れの挨拶とお礼を言いたかった。

彼達2人を送り出してから、われわれ3人の洗濯物を洗わせていただく。旅先で洗濯機を使えるというのはありがたいことだ。

われわれも9時近くに家を出て京都へ。今日は「保津川下り」をする計画にしていた。お天気次第なのでカローラたちには黙っていたが今日は素晴らしいお天気となったのでその案を実行する。

まず、京都駅からJR嵯峨野線に乗り換えて「嵯峨嵐山駅」へ向かう。ここで「トロッコ電車」に乗り換えて「トロッコ亀岡駅」へ。そこへ着くとバスが待っていて亀岡乗船場へ。このバスが満員で途中渋滞に引っかかったから立っているのがちょっと辛かった。

しかし、舟に乗船してからは想像していた通りの「保津川下り」で2時間余りの楽しいイベントだった。カローラもゲオルクも大満足の様子。

IMG 3728

わたしはミュンヘンで同じようなイベントを経験している。 ミュンヘンの Isar Floßfahrt を経験してるのでそれと比較するとやはりミュンヘンの方がダイナミックだと思う。普通の舟と丸太を組み合わせた筏の違いもあるし、ビール樽がその上に乗っているかいないかの違いもある。^^;

終点は嵐山の渡月橋近く。そこには屋形船を2艘しつらえて、料理人と綺麗どころを乗せて舟遊びをしている人たちがいた。なんと贅沢な!

IMG 3751

まだ12時を過ぎたばかりなので、そこから「大河内山荘」へと向かった。ここは数年前に来ているのでいろいろと説明することが出来た。この時間は陽差しも強くなっていて最後の方には疲れを感じた。

IMG 3765

帰りは竹に囲まれた道を辿って再び「嵯峨嵐山駅」まで歩く。途中喉が渇いたので何十年ぶりにかき氷を食べた。わたしは「イチゴミルク氷」カローラは「ミルク金時氷」ゲオルクは「抹茶金時氷」を注文。食べ始める前にはカローラは不安そうだったがおいしかったらしく完食。

いったん京都駅に着き、彼女たちは金閣寺を見に行くというのでそこで別れた。わたしはかなり疲れていたので途中でインターネットで銭湯を探す。幸い南草津駅から5分ほどの距離に「極楽湯」というスーパー銭湯を見つけてそこへ飛び込んだ。

やはり温泉に浸かると疲れがスッと抜けていく。1時間ほど楽しんでから野洲へ戻った。夕食はそれぞれに食べてくると約束したのでわたしは駅前の焼き鳥屋で軽く済ませる。

家に戻ると友人たちの息子K君がすでに帰宅していて、彼と音楽の話とかいろいろ語り合う。21時半頃にわたしは自室に引き上げた。明日はもう1日京都観光であるが、わたしが同行するかどうかは未定。

高山の民宿では夜中に寝苦しく、クーラーをつけたのだがちょっと失敗だったかもしれない。喉の辺にちょっとした異常を感じる。今日の歩数:11893歩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です